無料の会員登録をすると
お気に入りができます

主人公の熱量がすごい!やる気をチャージできる漫画3選

カルチャー

「な~んにもやりたくない」そんなときは、やる気満々の主人公にパワーをいただきましょう。

やらなくてはいけないことはあるけれど、どうしてもやる気が出ない。重い腰が上がらない。「あ~あ! なんにもしたくないなぁ!」……なんて、毎日思っていませんか?

わかります、やる気は高確率で迷子になるもの。自分の中をいくら探しても、そう簡単には見つかりません。そんなときは、漫画の世界で奔走する主人公を見て、エネルギーをチャージしてみませんか?

走って、焦って、泣いて、笑って。感情を奮い立たせながら物事と向き合う主人公を見ているうちに、いつのまにか、自分の心にも火がついているかもしれません。

①『重版出来!』- 松田奈緒子

「この漫画、売ります!」

主人公は、出版社の新人編集者として奮闘する黒沢心(くろさわ こころ)。漫画雑誌「週刊バイブス」の配属になった心は、担当漫画家が魂を込めて書き上げた漫画をどうにか売ろうと、毎日走る! 走る! たまに食べては、また走る!

漫画家のところに足しげく通い、漫画を売り込むために書店に出向き、ギリギリの入稿をなんとか間に合わそうと印刷所にすべり込む。大学時代に柔道で鍛えた心身をこれでもかと発揮して、出版業界を小熊のように走り抜けていくのです。

さらには、心を取り巻く人間関係も見どころです。頼りになる先輩、尊敬できる漫画家がいるのはもちろん、中には「新人ツブシ」と呼ばれる編集者と心のハラハラするやり取りも。

持ち前の体力気力と明るさで、周りを上手に巻き込みながら走り続ける心に、いつの間にか自分も触発されているはず!

②『傘寿まり子』- おざわ ゆき

主人公は、ベテラン作家である幸田まり子(こうだ まりこ)。夫に先立たれてからは、息子夫婦、孫夫婦と同居中。原稿の締め切りに追われながらも、なんとか日々を生きていました。

ですが、ある出来事をきっかけに生活は一変します。

1巻の序盤で、大粒の涙を流しながらまり子は言葉を絞り出します。誰でも、等しく年を取る。若いままではいられません。けれど、老いとともに、周りから置いてけぼりにされていく感覚がある。

「私たち、早く死ねばよかったの?」

そして、まり子は決意しました。

もう80歳、まだ80歳。80歳から、まり子の冒険はスタートしたのです。

やれ仕事はどうする、やれ家が借りられない。まり子の新生活には問題が山積みです。けれど、まり子は諦めません。いつの間にか変化している時代に翻弄されながらも、自分の力で、ガシガシと未来を切り開いていくのです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ