無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「エスティ ローダー 乳がんキャンペーン2018」プレス発表会レポ

ライフスタイル

「エスティ ローダー グループ」は26年にわたり、「乳がんキャンペーン」を実施しています。2018年はキャンペーンの一貫として、10月2日(火)~8日(月・祝)まで東京・南青山に「ピンクリボン フラワー カフェ」をオープン。

東京
南青山

そのオープンにあたり、2018年10月2日(火)【エスティ ローダー グループ「2018 乳がんキャンペーン」】プレス発表会を実施し、ルトロン編集部が参加してきました。その様子をご紹介します。

開会挨拶

「エスティ ローダー グループ」の亀田さんより、開会の挨拶・【エスティ ローダー グループ「2018 乳がんキャンペーン」】の概要・イベントプログラムの説明がありました。

故「エヴリン・H. ローダー」の想いが込められた映像を見て“なぜ「エスティ ローダー グループ」が「乳がんキャンペーン」を展開するのか”を知ることができました。

故「エヴリン・H. ローダー」の想い

世界のどこかで19秒にひとり、“乳がん”と診断されていることをご存知でしょうか。故「エヴリン・H. ローダー」は、「乳がんのない世界へ」をビジョンとして26年前に「ピンクリボン」を共同で開発し、キャンペーンを開始しました。

現在ではさまざまな著名人や多くの方に賛同が広がり、活動が広がっています。

集まった資金は研究活動への支援に

「乳がんキャンペーン」を通して、「エスティ ローダー グループ」では世界中で7,600万ドル以上を集めました。その資金は「乳がん研究基金」を通して命を救うための研究に提供しています。

「エスティ ローダー グループ」の世界中で働く社員の内、現在までに4万6千人以上を「乳がんキャンペーン」に動員したそう。社内外にも理解が広がっています。

キャンペーンの目的・概要

プレス発表会には「エスティ ローダー グループ/ELGC 株式会社」代表取締役社長の「スー フォックス」氏も登場。故「エヴリン・H. ローダー」のストーリーと共に、「乳がんキャンペーン」に込める想いが伝わりました。

乳がんのない世界に

1992年、故「エヴリン・H. ローダー」が「乳がんのない世界を創ること」を目的として「乳がんキャンペーン」を開始し、その翌年には「乳がん研究基金」を立ち上げました。

「エスティ ローダー グループ」では「エヴリン・H. ローダー」が亡くなった後も、「乳がんキャンペーン」を継続。2018年のテーマは「Time To End Breast Cancer (タイム トゥ エンド ブレストゥ キャンサー)#乳がんのない世界へ ~伝えたいメッセージを花に託して~」です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ