無料の会員登録をすると
お気に入りができます

時間と心に余裕ができる!整理収納アドバイザーが教える「シンプルに暮らすための4つのコツ」

インテリア

「家事に追われて毎日時間が足りない。」「これ以上探し物に時間を使うのが嫌だ。」「もう少し暮らしをシンプルにして時間と心にゆとりを持って暮らしたい。」そんな風に思うことはありませんか?今回は整理収納アドバイザーFujinao(フジナオ)が、家事を少なくして自分の時間を増やせる部屋作りのポイントを4つご紹介いたします。

そのために欠かせないのは「モノを増やさない」という心構えと工夫。

例えば

・キッチンでは「すき焼き鍋」「揚げ物用鍋」「土鍋」など用途が限られている鍋を廃止して、鍋としても使える深めのフライパンを導入してみる
・人から子供服のお下がりをもらうのをやめる
・買うときは収納する場所を考えてから買う
・セールや廉価版などで安易に妥協して購入するのをやめて本当に欲しいものだけを買う

このように自分がモノを増やしてしまいやすいポイントを分析して、できるだけモノを増やさない暮らしを心がけましょう。

シンプルに暮らすコツ4.リセットタイムを取り入れる

「床にモノを置かない」「収納は出し入れがしやすいシンプルな仕組みに」「モノは極力増やさない生活を心がける」。ここまで生活が整ったら最後の項目です。

それは片づいた暮らしの習慣化。

毎日のリセット習慣を身につけて一生散らからない部屋を手に入れましょう。おすすめなのは出かける前と寝る前にサッと部屋をリセットすることです。例えば毎日の歯磨き。

「起きた直後」「食事後」「寝る前」など自分なりのタイミングが決まっているので毎日忘れることがなく続けられますね。

毎日の片づけも「出かける前と寝る前に簡単に部屋をリセットする」とタイミングを決めて習慣化すると続けやすいですよ。

こまめにリセットしていれば片づけの量が少ないので「片づけは面倒だ」という気持ちも薄れ、気持ちの負担になることがなく片づけを続けられるようになります。

シンプルに暮らすコツ4つを身につけて家事や探し物に追われない、時間と心にゆとりがある生活を手に入れてくださいね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ