無料の会員登録をすると
お気に入りができます

理想の顔になれない理由は「眉」にアリ!なりたいイメージ別!やったらNGな眉メイク3選

メイク

こんにちは、コスメ&メイクライターの古賀令奈です。マスク生活では、眉の存在感が際立つもの。眉の形や色次第でイメージがガラリと変わるため、メイクで理想の表情に近づけたいところです。そこで今回は、イメージごとにNGメイクと改善方法をお伝えします。

NG1:「やさしい顔」になりたいのに…抜け出せない「キツ顔眉」

ソフトな印象にしようとしても、なぜかキツく見える。そんなときは、眉毛の角度に注目してみてください。

OK眉はパウダーアイブロウで極力カーブをつけずに描き、NG眉はペンシルアイブロウで眉尻を長く下げるように描いています。

やさしい雰囲気にしようと眉尻を下げたことで、眉下のカーブが急になり、逆にキツく見えてしまいました。

眉のカーブは鋭角で描くとキツい印象になりやすいため、なだらかにしてみましょう。できるだけペンシルは使わず、パウダータイプで眉尻をすこし足す程度に描くと、ソフトな印象になります。

使用したのは、フーミー「アイブロウパウダー」 t.rティーローズ(税込1,980円)。血食感のある明るめのカラーとふんわり質感が、やわらかな表情を叶えます。

眉頭にピンク、眉中にキャメル、眉尻にブラウンを入れると、ふんわり眉が簡単に仕上がります。眉の下部分にほんのりピンクを仕込むと、やわらかい雰囲気を損ねることなく立体感がアップしますよ。

NG2:「キリッと顔」にしたはずが、なぜか「軽見え眉」

クールな装いやビジネスモードのときは、眉も凛々しく。カーブをしっかりつけて力強く描いたはずが、なぜか軽く見えてしまうということがあります。

形で固さを演出しても、色によって印象が変わるもの。明るいレッドブラウンの眉は、華やかで軽やかなイメージになり、キリッと感が弱まってしまいます。また、クールな形にポップな色を合わせていることで、違和感を感じられるかもしれません。

色はニュートラルなブラウンを。ペンシルタイプやワックスタイプで眉の存在感を強め、仕上げにアイブロウマスカラで毛流れをつくると、今っぽい自然な形のままでも洗練された眉に仕上がります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ