無料の会員登録をすると
お気に入りができます

自分に合ったメモ帳で仕事効率アップ! 立っている時も使いやすいメモ帳4選

ライフスタイル

新しい文房具との出会いは、仕事を効率化させてくれることもあれば、仕事のモチベーションを上げてくれることもある。そんな、毎日をちょっとだけ底上げしてくれる文房具との出会いをお手伝いするのがこの企画。今回は「立っている時も簡単にメモが取りたい」という方にぴったりな文房具を、文具ソムリエールの菅未里さんが紹介します。

メモを取る力は、社会人には欠かせません。「メモを取るように」と、上司に指導された記憶を持つ方も多いでしょう。

メモはきれいに取ることも大切です。後で見返した時の読みやすさが違います。そんなメモですが、実はいろいろと違いがあることを知っていますか。

まず確認したいのが表紙・裏表紙の素材、特に見落とされがちな裏表紙です。表紙は水に強く柔らかい樹脂製が多いのですが、裏表紙は柔らかい樹脂製や硬い厚紙など硬さや素材が表紙と異なる場合があります。

裏表紙が硬いと立って筆記する時に下敷き代わりになるため、机以外でメモを取る機会が多い方は裏表紙まで注意してください。

といっても、裏表紙は硬ければ硬いほどいいわけではありません。硬いほどポケットに入れた時の違和感が大きくなりますので、硬すぎるのも考え物です。

あと、採用している罫線の種類も大切ですね。方眼、ドット方眼……それぞれ適した用途が異なります。今回は、現場の仕事や立ち仕事の人に向けて、どんなメモを選べばいいのかが分かるように、立っている時も使いやすい4つのメモ帳を紹介します。

パッとメモ/ミドリ

一見、普通のメモですが、左の側面がのり付けされているのが特徴です。何のためかというと、新しいページをさっと開くためです。

側面がのり付けされていると、未使用のページが一つの塊になりますよね。そして常に、その塊の表紙が最新のページだというわけです。だから最新のページを探してモタモタすることがありません。落ち着いてきれいなメモを取れます。

メモを取る時にはスピードも大事。その点では並ぶもののないメモです。表紙・裏表紙が樹脂製なので手汗にも強いですね。

価格:352円

ニーモシネ N184A/マルマン

これも裏表紙が厚く、硬いので下敷き代わりになり、立ち仕事の方もメモを取りやすいはずです。

罫線は薄めの方眼です。方眼の強みは文字の横列だけではなく、縦列もそろえられるため、文章がきれいに見えることです。

多くの人は横方向、つまり文章が右肩上がりや右肩下がりにならないようには注意するのですが、縦方向にそろえることは忘れがちです。しかし文章をきれいに見せるコツの一つは、縦にもぴったりとそろえることなのですね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ