無料の会員登録をすると
お気に入りができます

見た目スッキリ!プロ実践「よく使うモノ」がすぐとれる収納アイデア集

インテリア

美しくおしゃれなインテリアと、使いやすく見た目もすっきりした収納術が人気の整理収納アドバイザー・yururiraさん。今回はご自宅で実践している、家事がスムーズにこなせる生活グッズの収納アイデアを紹介してもらいました。

すぐ取りたいものは、キッチンの扉裏収納に

棚の扉裏は、じつはとても使い勝手のいいスペース。扉を開けた瞬間にお目当てのものがすぐ手に取れ、雑多なグッズでも扉を閉めればすっきり隠すことができます。yururiraさんは、キッチン横に設けた収納棚の扉裏にワイヤーネットをつけて、臨機応変に使える収納スペースとして活用。「ポーチに入れた飲み薬やカレンダーをクリップで留めて使ったり。さっと手に取れるうえ、インテリアの邪魔をしないから、とても便利です」

重たいものや厚みのある立体的なものは収納できませんが、ちょっとした小物なら問題なし。家事をしながらさっと確認することができるので、やることリストや買いものメモなどを留めるのもおすすめです。

布マスクの中に入れるインナーシートも扉裏にスタンバイ。「毎日手に取るものこそ、使いやすい場所に収納する」ことで、暮らしをシンプルに整えます。

水まわりでよく使うものの、引っ掛け収納

必要なものをその場ですぐ手に取れる環境にすることで、家事もすばやくスムーズにすませることができます。例えば、こまごまとしたものが多い洗濯グッズ。yururiraさんは、各種さまざまな洗濯洗剤を白い容器に詰め替えてラベリング。面を揃えることで、収まりもよく、手に取りやすくなりました。

スプレー洗剤や濡れたタオル、雑巾、ゴム手袋などは、洗濯機の上の空間を利用することに。「ホームセンターで材料を購入して、棚板にコの字ハンガーパイプをネジ留めしました。形状やサイズが異なるものも問題なく引っ掛けられます」。吊るして乾かしながら収納できるのも、水まわりならではのうれしいポイントです。

引っ掛け用の穴やループひもがついていないものには、便利グッズで対応。「セリアのクリップつきフックなら、ゴム手袋もピンチで挟むだけでハンギングできます。シューズブラシはダイソーのマグネットつきペンスタンドに入れて、洗濯機の横面に取りつけました」とyururiraさん。洗濯機の上やサイドを上手に使って、ムリなくムダなく洗濯小物を集約。

使わないともったいない!収納スペースの両サイド

シューズクロークのちょっとした壁面も、見逃せないスペース。「アイアンバーを取りつけて、防水スプレーや靴べら、犬の散歩グッズ、傘などの置き場にしています」。バーやフックに引っ掛けられない靴の中敷などは、クリップを使ってハンギング。DIYをする際は、何をどこに収めるかを計画してから取りつけ位置を決めましょう。

逆サイドの壁面には、玄関用の掃除グッズと愛犬のお散歩グッズが。ほうきやちりとり、デッキブラシなど大きさの異なるものも、壁面収納ならきちんと収まります。

出し入れがしやすい収納なら、玄関やシューズクロークのほこりや汚れが気になったときにさっと対応できます。ラクにきれいをキープしましょう。

お出かけグッズは玄関の壁面に収納

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ