無料の会員登録をすると
お気に入りができます

“アロマ”を楽しむホテル「香林居」金沢・香林坊にオープン!

旅行・おでかけ

兼六園や金沢21世紀美術館にも程近い金沢・香林坊に、ブティックホテル「香林居(こうりんきょ)」が2021年10月1日(金)に開業します。

兼六園や金沢21世紀美術館にも程近い金沢・香林坊に、ブティックホテル「香林居(こうりんきょ)」が2021年10月1日(金)に開業します。

“アロマ”を楽しむブティックホテル「香林居」

“アロマオイル”を作る蒸留所併設

金沢・香林坊にオープンする「香林居」は、“新しい金沢時間を処方する”をコンセプトに、金沢での新しい過ごし方を提案していくブティックホテル。

最大の特徴は、ホテルの1階に白山の水と森林素材を用いて“アロマオイル”の精製を行なう蒸溜所を併設すること。蒸溜によって精製したアロマオイルや水は、客室常備のリフレッシャーをはじめ、館内の様々なサービスに活用されるので、宿泊客は1日中“アロマの香り”に包まれながら過ごすことができそうです。

“アロマウォーター”のロウリュを楽しむサウナ&バス

ルーフトップには、金沢の風を感じられるサウナ&バスが用意。いずれも1階の蒸溜機で作られた“アロマウォーター”を使用した、本格的な<ロウリュ>を楽しむことが可能。また、北陸地方において初となるメディテーションフローティングも展開されるので、利用者は光や音が遮断された空間で浮遊する深い瞑想体験を堪能できます。

“サウナ付き”ハイフロアスイートも

全18室から成る客室は、ホワイトを基調としたシンプルでモダンな佇まいに。7階から9階には、サウナが客室に完備された「ハイフロアスイート」と、バスタブから香林坊の街と金沢城跡が眺められる「ハイフロアシティビュー」を用意。アート・ディスプレイの監修は、金沢を拠点に活動する「スクロ(SKLO)/四知堂kanazawa(スーチータンカナザワ)」の塚本美樹が担当。

タイワニーズ・キュイジーヌ「カーチ」

さらに、半地下空間には、塚本美樹がプロデュースを手掛けるタイワニーズ・キュイジーヌ「カーチ(karch)」も開業。アーティスティックな空間で、本格的な台湾料理が提供されます。

工芸品を扱うギャラリーのビルをリノベ

なお、「香林居」は、九谷焼をはじめとする世界の工芸品を扱うギャラリー・眞美堂のビルをリノベーションする形で開業。施設内にはもとの建築にあった特徴的な“アーチ”をモチーフにした内装と空間演出が施されています。

また、ホテルの館内着と制服はジル サンダー(JIL SANDER)のウィメンズデザインチームに所属した経験を持つハルノブ ムラタ(Harunobu Murata)のデザイナー・村田晴信が担当。ブランディングとトータルプロデュースはサン・アドが、ホテル運営・コンセプト開発・企画プロデュースはL&Gグローバルビジネスが務めます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ