無料の会員登録をすると
お気に入りができます

白くならない!「自まつげ長いです」感が出せる、ブラック系マスカラ下地特集

メイク

マスカラ下地は白く濁って使いづらい…。そう思う方におすすめしたいのが、ブラックベースのマスカラ下地。まつげが白くならないから、1本でまるで自まつげが長いかのように、ナチュラルに盛ることも可能。今回は、魅力たっぷりのブラックベースのマスカラ下地を厳選してご紹介します。

目指せ、ナチュ盛りまつげ美人

どれ選ぶ?白くならないマスカラ下地の種類

bybirth.jp

ロング効果をプラスしたいなら、繊維入りをチョイス

ブラック系のマスカラ下地はクリアベースがほとんどなので、基本的にはナチュラルに仕上がります。ボリューム感は物足りなさを感じるかもしれませんので、上からマスカラを重ねてボリューム感を楽しむのがいいですが、ロング効果はマスカラ下地だけでも得られるんです。

ナチュラル重視だけど、まつ毛に長さはプラスしたい!という方は、繊維入りを選びましょう。マスカラ下地ならではのつるんとした液が、綺麗にまつげに絡みつき、繊維もまつげの延長に真っ直ぐ絡みついてくれます。「もともとまつげ、長いです」感が出せるほど、自然な長さが出せるはずです。

カールキープ力が欲しいなら、サラリとした液の繊維なしをチョイス

長さやボリューム感は、上から重ねるマスカラで出したい!とにかくカールキープ力を重視したい!という方は、液の粘度にもこだわってみましょう。

買う前に粘度の高さを測定するのは難しいですが、発色の高さを比較してみましょう。しっかり色が付くものはまつげへの付着率も高く、濃密なまつげを演出します。皮膚が透けるほどのクリアな発色のものは、サラリとした液で速乾性が高いので、後者の方がカールキープ力は比較的高いことが多いです。

また、繊維が入っていると、その分重みでまつげが下がりやすくなってしまうので、入っていない方が無難でしょう。

1本で済ませる?上から重ねる?発色の違いにも注目

先ほどのお話と被る点がありますが、ナチュラルメイクに仕上げたい時にも、マスカラ下地はとても便利です。白くならないブラックベースの下地は、自然にハリ感を出したり、まつげを濃く見せることができるので、1本でも済ませることができます。

特に色がしっかり付く発色高いマスカラベースは、上から重ねなくとも印象的なまつげに仕上げることができますので、上からまたマスカラを重ねるのが面倒…と感じる方は、透け感のないある程度発色のいいマスカラ下地を選びましょう。

実はブラックだけじゃない、なりたいイメージで色を選ぶべし

最近のマスカラ下地は進化しており、ブラック以外のカラーも揃ってきています。抜け感のあるメイクが楽しめるオレンジや、女性らしさや目もとの柔らかさを演出できるピンクカラー、目もとに柔らかさを残しつつ、どんなシーンでも使える万能なブラウンなどさまざま。

上から重ねるマスカラの色にあわせてもいいですし、なりたいイメージに合わせてマスカラ下地を選ぶのもいいと思います。

これ1本でもサマになる!ブラック系カラーマスカラ下地4選

KATE ラッシュフォーマー(クリア)

bybirth.jp
bybirth.jp
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ