無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ものの管理から解放された!ミニマリストに聞く持たない暮らしの6ルール

インテリア

今度こそ部屋をすっきりさせる!と決意しても、なかなかものを捨てられず、片づけが進まないとお悩みの方は多いのではないでしょうか?そこで、たくさんの服や家具などを少しずつ処分し、今はミニマリストとして暮らすぽーさんに、どのようにしてものを手放すことができたか、その経緯と考え方の6つのルールを伺いました。

自分に合わない服や家具を手放し、身軽な暮らしに

窓から穏やかな光が差し込む開放的なリビング。ミニマリストのぽーさんが、ご家族と飼い犬のらてちゃんと共に暮らす一軒家です。Instagramの投稿には、こうしたすっきりとした部屋のほかに、シンプルな服が並ぶクローゼットの写真も。少ないものだけで悠々と暮らされている印象で、こんな暮らしができたら…と憧れます。

けれどぽーさんも、以前は家に大きな収納棚がいくつもあり、洋服もたくさん持っていて、窮屈に感じていたそう。そこから行動を起こしてものを減らし、リフォームも経て今のような暮らしを実現したのです。どのようにして、ものを減らすことができたのでしょう?

一冊の本との出会いから、ものを減らし始める

ものを手放す最初のきっかけとなったのは、一冊の本。今から6年ほど前に読んだ、地曳いく子さんの『服を買うなら、捨てなさい』(宝島社)だったのだとか。読み終えるといてもたってもいられなくなり、キッチンに並べていたたくさんのナチュラル系の雑貨を処分したそうです。
けれど、その後すぐにミニマリストになれたわけではありませんでした。服や収納グッズ、家具などは、時間をかけて減らしていったのです。

ミニマリスト・ぽーさんのミニマムに暮らせる考え方6ヶ条

1:「いいね!」をもらうために着飾るのはやめる

実は、Instagramにファッションのアカウントを開いていたほど服がお好きなぽーさん。その頃は新しい服の写真を投稿するたび、「いいね!」もフォロワーの数もどんどんアップ。気が付けば「いいね!」欲しさに次から次に服を買う癖がついていました。

けれど次第にそれが苦しくなり、アカウントは閉鎖。服を購入するのをやめました。

「当時は、自分が素敵になるには洋服やファッション小物、アクセサリーが必要だと思っていたんです。でも、買い物を繰り返してまず貯金がさみしくなりました(笑)。そしてせっかく買った服は、ケアが難しくて気楽に着られない、着ていても心地よくないというものがほとんどだと気付いたんです」(ぽーさん、以下同)

2:自分が心地よく着られる服を選ぶ

そこで自分が本当に着たい服はどんなものかを見つめ直した結果、「結局自分らしくいられるのは、『着心地と居心地がいいもの』だということに行きつきました」

「着心地と居心地がいい」という基準ができると、それにあてはまらないものは手放すことができ、購入するときも慎重に選ぶように。今では、1シーズンに3パターンほどのベースを決め、シンプルでスタンダードな服を着回しているそうです。

ぽーさんの今のInstagramに投稿されている服や靴は確かにシンプル。一貫したスタイルが感じられるアイテムやコーディネートがとても素敵です。
服を無駄に持ちすぎないためには、自分はこれが好き、こういうものが着たいという軸をもつことが大切。それに沿うものだけを持てれば、おしゃれをあきらめるのではなく、気楽に楽しめるようになるのではないでしょうか?

3:好みに合わない、使いにくい家具は処分

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ