無料の会員登録をすると
お気に入りができます

40代がドキッとする[体の不調]15の疑問に専門家がアンサー

美容

Q. 脚が細くなったと思ったら、筋肉量が落ちただけ?骨折したと聞くことも増えました。
A. 筋肉が削げ落ちると体の強さも運動機能も失われます(森さん)

筋肉が減ると筋肉によるメリハリもなく、ヒップも垂れて下がってきます。運動機能も低下して躓き転倒や骨折などのリスクが高まるため、筋肉量を減らさないことが大切です。

Q. 人間ドック、40代女性が毎年必ず受けるべき項目は何?
A. 子宮頸がん、乳がん、腹部超音波検査、血液検査(慶田先生)

上記は毎年必ず受けてほしい検査です。それに加えて2年に1度は消化器の上部・下部内視鏡検査。頭頚部、胸部~腹部のCT検査を受けましょう。不調は早期発見を!

Q. サプリを飲む量が増える一方です。飲む種類の適正量ってありますか?
A. 20種類までにすれば食品の延長なので問題なし(慶田先生)

サプリメントは薬ではないので食品の延長と考えます。但し、サプリメントでも肝機能障害などの報告例はあるので、定期的に血液検査は受けておいたほうが安全です。

Q. 疲れが取れるのにものすごく時間がかかるように。1日に何個も予定をこなせません。若い頃より予定は減っているのに…。なぜ?
A. 体力的、筋力的な持久力は加齢に伴って少しずつ低下するもの(森さん)切り替え不足で脳が疲れているから(加藤先生)

「40代くらいになると仕事もパターン化し、新しい経験も減り脳は切り替え不足に。脳の使用部位に差が出て疲労の原因に。筋肉がつき始めると心の持久力もアップ」(加藤先生)

Q. 眠れなくなりました。特に心配事があると眠りが浅くなります。なぜでしょうか。
A. 高齢期になると体内時計のサイクルが乱れます(日比野先生)

体内時計のサイクルをコントロールするセラトニンというホルモンの分泌量が加齢とともに減少。セラトニンはメロトニンの原料に。メロトニン不足は眠りの質に直結します。

Q. 自分から加齢臭がしているかはどうすればわかりますか?
A. 服から今までと違うニオイや汗以外のニオイを感じたら(ロート製薬)

加齢臭の主な原因は、年齢とともに出てくるノネナールという物質です。脱いだ後の服のニオイを嗅いでみて、嗅いだことのないニオイを感じたら、加齢臭を疑ってみて。

Q. 気づいたらあちこちにイボができています。なぜできるのでしょうか?
A. イボの原因、HPVウイルスに対する抵抗力が低下(日比野先生)

原因の多くはHPVウイルス。傷や免疫力低下でもうつる可能性が。老化でも免疫機能は低下。老人性イボは紫外線が主な原因。肌を清潔に保湿、UV対策、免疫UPが大切。

Q. 体に赤い斑点が出るように…。これって病気!?
A. 老人性血管腫かも。病気ではなく老化によるもの(日比野先生)

老人性血管腫は老化による血管の増生により皮膚にできる小さな血管腫。紫外線による影響も考えられるのでUV対策を。加齢とともに増えてくる赤いボールペンで突いたようなポチッとしたものです。

教えてくれたのは……

森 俊憲さん(ボディデザイナー)
ボディクエスト代表。オンラインフィットネスのパイオニアとしてボディデザインサポートやメディアで活躍。

加藤俊徳先生(加藤プラチナクリニック院長)
脳内科医・医学博士。脳の学校代表。MRI脳画像診断・発達脳科学・認知症の専門家。メディアで脳を解説。

慶田朋子先生(銀座ケイスキンクリニック 院長)
あらゆる質問にわかりやすく回答する頭のキレと何年たっても変わらぬ美貌に編集部が絶大な信頼を置く医師。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ