無料の会員登録をすると
お気に入りができます

可愛すぎると話題のミッフィーコスメ。美容家が実力を検証!

メイク

実際に肌にのせた時にもやはり赤には見えず、顔をくすませるような仕上がりになり、残念でした。

発色もそこまでいいとは言い難く、口紅というよりは色付きリップクリームの感覚に近い印象です。唇に塗る時少しムラになりやすいのも気になりました。

好感が持てたのは、質感です。肌に自然に溶け込むようなツヤ感で、ご近所メイクくらいのラフなメイクにハマる商品と言えます。

(3)モチやフィット感、保湿力など

リップバームもリップ&チークも保湿力やフィット感はまずまずで、飲食後すぐに唇が乾燥するということもありません。リップ&チークについては飲食後に色は落ちますが、すべて落ちるということはなく、ほんのり赤みが残り、醜い崩れ方はしませんでした。

チークとして使用した場合は肌を擦ったり、上からファンデなどを重ね塗りしたりしない限りには塗りたての色や質感をキープできると感じました。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

検証まとめ

リップ&チークについてはドラッグストアなどで販売されているプチプラコスメの方が優秀に思えました。

ただし、リップバームについてはベタつかず保湿力がそれなりにある点が評価できます。見た目も可愛いので、筆者自身もリップバームはリピートする可能性があります。

以上のことを踏まえ、2つの商品をそれぞれ総合的にジャッジすると下記の通りです。

「リップ&チーク」

発色 ★★☆☆☆
ツヤ ★★★☆☆
モチ ★★☆☆☆
フィット力 ★★★★☆
保湿力 ★★★★☆
使いやすさ ★☆☆☆☆
コスパ ★★☆☆☆

「リップバーム」

ツヤ ★★★☆☆
保湿力 ★★★★☆
使いやすさ ★★☆☆☆
コスパ ★★★☆☆

ミッフィーというキャラクターの可愛らしさを最大限に活かしたパッケージは大きな魅力で、可愛らしさ重視で何か一品欲しいならアイシャドウなどまだ試していない商品はあるものの、現段階ではリップバームがイチオシです。

発売されて間もない商品であることから、今後ユーザーの声が反映され改良されることを期待しています。

遠藤幸子
エイジング美容研究家として雑誌やラジオ、企業のインフォマーシャルなどに出演。ウェブ、雑誌等にコラムを執筆するほか、コスメブランドの広告なども手掛ける。できるだけナチュラルな方法でできるアンチエイジング法を日々模索。豊富な自己体験を元に情報を発信中。公式サイト『アンチエイジング ジャーナル』

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ