無料の会員登録をすると
お気に入りができます

彼への思いに浮き沈みが… 「好きだけどマンネリ化」について聞いた

恋愛・結婚

どれだけ好き合っているカップルにも、やって来てしまう“マンネリ”。そんなときの対処法は?

彼氏との関係がマンネリになり、悩む女性は少なくありません。

fumumu取材班は、それが悪いのかどうかを聞いてみました。

①先へ進めるか考えられる

マンネリは、この先も愛し合っていけるのかを冷静に考えられる、大切な時期と言えるかもしれません。

「マンネリの時期は、どんなカップルにも必ず訪れることのようです。私はそこで彼のことを冷静に考えました。どこが好きなんだっけ、本当に好きなのかな…とか。少し会うことを控えてみたりもしたんです。
だけど彼とのいろいろな出来事を思い返していると、やっぱり彼しか愛せないとわかって、その時期を脱しました。待っていたのは、彼へのさらなる理解と愛だったんです。
ここで終わってしまう人もいるでしょうが、それはいつか来る終わりがそのときに来たというだけ。勢いだけの付き合いから、本当のパートナーにしていいかを考える大切な時期だと思いました」(30代・女性)

②大きな決断は避けたい

人間なので、心が安定しないときはあるはず。ただし、そういうときに大きな決断は避けたほうがよさそうです。

「マンネリがあるのは、悪いことだとは思いません。わたしも前カレのことは大好きだったけれど、なぜか周期的に冷めてしまうことがありました。理由はわからず、しばらくしたら気持ちが戻るんです。
人間だから気持ちの浮き沈みがあるのかな、と思います。ただ気持ちが安定していないときに、焦って別れたり大きな決断をしたりするのは、やめた方がいいと思います」(30代・女性)

③仕方ないことだと思おう

気持ちの浮き沈みは、定期的に感じるものなのかもしれません。

「長く付き合っていると、彼への気持ちがわからなくなることって多いんです。でも大事だと思う気持ちは変わらないし、マンネリってどのカップルでも感じることだろうから、仕方ないと思います。
これからも付き合っていくのなら、定期的に気持ちの浮き沈みがあると思います。マンネリ=愛がなくなったわけではないのだとお互いがわかっていれば、大丈夫だと思いますよ」(30代・女性)

マンネリから気づけることもあるのかもしれませんね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ