無料の会員登録をすると
お気に入りができます

高いデザイン性×サステナブルが嬉しい。H&Mに、動物由来の素材を一切使用しない最新コレクションが登場

ファッション
H&M(エイチアンドエム)に、「人と動物たちが平等に共存する世界」を表した最新コレクションが登場。

11月4日(木)に、新宿店および公式オンラインストア限定で発売されますよ。

「Co-Exist Story Collection」/H&M

最新コレクション「Co-Exist Story Collection」(コーイグジスト・ストーリー・コレクション)には、動物愛護団体PETAが承認した、アニマルフレンドリーなアイテム全44種類が登場予定。

動物由来の素材を一切使用しない代わりに、革新的な素材や、サステナブルに調達された素材を使って、ボリューム感のあるシルエットを実現したといいます。

90年代風の官能性×機能性が融合した、都会人のためにつくられたデザインなのだそうですよ。

“サステナブル”が今の気分

お目見えするのは、野生の花からつくられたセルロース素材を使用したアイテムや、ブドウの皮からできたフェイクレザーパンツなど。

他にも、廃棄ナイロンを再生した生地を混紡した、肌触りの良いオフホワイトニットセーターや、リサイクルポリエステルを使用した、オーバーサイズのフェイクファーコートも発売される予定です。

多機能でファッション性の高いデザインでありながら、サステナブルなのが嬉しいですよね。

包装・パッケージも環境に優しくチェンジ

これまでも、H&Mではプラスチックによる環境汚染対策が行われています。

2025年までに包装・パッケージを25%削減し、すべてリユースやリサイクル、または堆肥化可能なものへと切り替える目標を掲げているんですよ。

そのため、店頭のショッピングバッグはすでに紙製に。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ