無料の会員登録をすると
お気に入りができます

自分自身を認めたい! 今の自分を好きになるための自画自賛のススメ

ライフスタイル

ありのままの自分を認めるためのヒントを、fumumu取材班が聞いてきました。

「自分のことを愛してあげよう」「自分のことを認めよう」などの言葉を聞くことがありますが、「よし、今から自分を好きになるぞ!」と決めたところで、そう簡単に自分の気持ちはコントロールできません。

どうすれば、少しずつでも自分のことを認めることができるのでしょうか? fumumu取材班が、自分のことを認めるヒントを聞いてきました。

①悩んでいるときは…

「私はすぐに物事を深く考えて悩んでしまう性格で、明るく前向きに考えられないことがコンプレックスだったんです。でも、そんな私に対して『たくさん悩むってことは、それだけいつもがんばっているってことだと思うよ』と言ってくれた人がいて…。
その言葉にすごく救われました。ポジティブでいられない自分を好きになれない人も多いと思うんですけど、いろいろ思考できることは、長所のひとつとも言えるんじゃないでしょうか。
悩みの迷路に入りそうなときは、最近は『今回も私がんばってるなー!』と自分に言い聞かせるようにしています。それだけで、少しだけ自分のことを認められますよ」(30代・女性)

②諦めたメリットを…

「なにかを諦めたり、逃げることに対して『継続できなかった…』と自分を責める必要はないと思います。
続けられないと思ったなら、諦める・逃げる選択をできたことは自分にとっていいことなんじゃないでしょうか。プライドが高かったり、周りの目を気にしている人ほど、なにかをやめる選択を取ることが苦手な気がします。
物事を中断したときに『いい決断ができた! 続けていたらさらに疲れていたかも。やめることができてよかった』とやめたメリットを考えるか、『どうして続けられなかったんだろう』と自分を責めるかで、自分自身を認められるかが変わってくると思います」(20代・女性)

③言葉はいいとこ取り

「自分をしっかり愛しているんだろうな、と伝わってくる友達がいるんですけど、その子は人の言葉の取捨選択がとても上手です!
嫌なことを言われても自分事として捉えずに『なんか機嫌悪そうだったね~』と相手の問題として片づけたり、逆にうれしいことを言われたときは『ありがとう!』と素直に受け取ったり。人の言葉のいいとこ取りができているんだと思います。
一緒にいると、自然と私も自分のことが少しだけ好きになれる相手なんですよね。自分が聞いていて気持ちのいい言葉だけを受け取るスキルは、私も培っていきたいな~と思っています」(20代・女性)

人の評価によって自分を認めようとするよりも、まずは自分で自分を褒める時間を作ってあげたほうがいいのかもしれません。

自分の言動を褒めているうちに、少しずつ自分自身を認める力も養っていけそうです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ