無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[西島秀俊×内野聖陽スペシャルインタビュー]大人の男たちの“やさしさのかたち”とは?

エンタメ

劇場版『きのう何食べた?』で約1年半ぶりにシロさんとケンジを演じた西島さんと内野さん。役柄同様にお互いを思いやり、リスペクトしあう大人の男たちの、優しさの表現方法とは?

“僕のアイディアを理性的に受け止めてくれる西島さんには、絶対的な安心感がある” ――SEIYO UCHINO

“内野さんと向き合うだけで心が否応なく反応する。特別な人です” ――HIDETOSHI NISHIJIMA

お互いを繊細に思いやる気持ちはずっと変わらない

弁護士のシロさん(西島)と美容師のケンジ(内野)の男二人暮らしを描いたよしながふみ原作のささやかな物語は、2019年に深夜ドラマで放送され、大きな反響を呼んだ。

内野

ちょっと枯れ始めた中年のゲイカップルの物語が、まさか映画になるなんてね。男女の恋愛でもいろんな場面で小さく傷つくものだけど、男同士だと妙に共感したり安心して見てもらえるような不思議な感じがあったみたい。

西島

原作の素晴らしさのひとつは、役がちゃんと年を取ることだと思っています。回を重ねるごとに徐々に関係が深まっていきましたし、劇場版ではついに史朗が嫉妬をする逆転現象が描かれます。松村北斗くん(SixTONES)演じる田渕とケンジが並んで歩くところを目撃してしまうんですよ。

内野

冷静沈着なシロさんが嫉妬にくるう姿は笑えるはず。ただ、それは相手を思いやりすぎて妄想しちゃう、可愛いすれ違い。お互いを繊細に思いやる気持ちは、シリーズ通して変わっていません。

シロさんが作る料理の数々も魅力の本作。撮影は実際に二人が調理する自由演技なのだそう。 西島

今回は厚揚げの切り方をアドリブで間違えていましたよね。

内野

うん。ケンジがやらかしてシロさんがツッコミを入れる関係性が二人らしいなと思って。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ