無料の会員登録をすると
お気に入りができます

岡田准一「これはモテるなあ」...山田涼介のエピソードを披露!『燃えよ剣』公開御礼舞台挨拶を開催

エンタメ

映画『燃えよ剣』が大ヒット!公開御礼舞台挨拶を開催

「新撰組」土方歳三を描くスペクタクル・エンタテインメント超大作

約1年半の公開延期を経て、10月15日(金)より全国公開された映画『燃えよ剣』。10/16〜17の週末映画ランキングでは堂々の1位に輝き、大ヒットスタートを切った本作の公開御礼舞台挨拶が東京・六本木で実施されました。

主演の岡田准一さん(新選組副長・土方歳三)、鈴木亮平さん(新選組局長・近藤勇)、山田涼介さん(新選組一番隊組長・沖田総司)ら豪華キャスト陣、そして本作のメガホンを取った原田眞人監督が登壇。土方歳三が女性からモテていたという説にちなみ、登壇者それぞれが「この人モテる!」と思った瞬間を発表しました。

お互いの“この人モテる”話を披露!

岡田准一「山田君が家に来てくれた時に...」

まず鈴木さんが山田さんの「この人モテる!」と思った話を披露。撮影中に山田からバースデーサプライズでスニーカーをプレゼントされたという鈴木さん。「なんで俺の足のサイズを知っているの?と聞いたら、マネジャーに聞いたと言われた。撮影中にそのスニーカーを履いていたら、スタッフさんから『おしゃれ!』と褒められた。その時に...こいつモテるなあと思った」と回想しました。

岡田さんも「山田君が家に来てくれた時に、人生で一番いいイチゴをお土産でくれた。僕は果物が好きなので、これはモテるなあ!と思った」と山田さんの“モテ”を太鼓判!

山田涼介、岡田准一を「カッケー!男でも惚れる」

一方の山田さんは、岡田さんについて「殺陣の手合わせの撮影中に『男の強さは何か知っているか?強い奴ほど優しいんだ』と言われて、カッケー!と思った。男でも惚れる」と打ち明けます。

山田さんのモノマネに岡田さんは「それディスッてるだろ?恥ずかしい話でしょ...顔が赤くなっちゃったよ!」と赤面する場面もありました。

鈴木亮平を「モテを絵に描いたような人」と表す岡田准一

そんな岡田さんは鈴木さんを「モテを絵にかいたような人」と表して「優しいし強い。現場での視野の広さなどすべてにおいて優しい。しかもチャーミングでガチガチに硬くならず、いい仕事をする。男にモテるタイプだと思う」と人柄を絶賛しました。

岡田准一からは“バラガキ”にちなんで...

「昨日までバラガキ5人と過ごしていました」

岡田さんは、自身の“バラガキ時代(ヤンチャした少年時代)”について聞かれると「昨日までバラガキ5人と過ごしていました」と答えて、会場からは労いの拍手喝采。これに岡田さんは「上手いこといきましたね!」とニヤリとする場面も。

記事に関するお問い合わせ