無料の会員登録をすると
お気に入りができます

みるみる脚が細くなる。左右各10回〜[脚太り予防に効く]簡単ながら習慣

美容

1日の中で前かがみの姿勢で座っていることが多くなると、体幹があまり使われなくなってしまい、骨盤の歪みが生じてしまいます。それが、脚太りの主な原因の1つ。そこで、下半身のスタイル崩れに悩んでいる方こそ習慣に採り入れたいのが、ピラティスの簡単エクササイズ【レッグアブダクション】です。

【レッグアブダクション】

横向きに寝そべった状態で、両脚を上下にゆっくり動かすシンプルなエクササイズで、体幹だけでなく、普段はあまり使わない太もも内側やお尻の筋肉を一気に強化。ながら運動としてもおすすめです。

(1)横向きに寝そべって片方の腕と両脚を伸ばす

(2)一旦息を吸ってお腹を薄くし、お腹を薄くしたまま息を吐きながら上側の脚をゆっくりと上げる

(3)再び息を吸い、息を吐きながら下側の脚をゆっくりと上げる

(4)再び息を吸い、息を吐きながら下側の脚をゆっくり下ろす

(5)再び息を吸い、息を吐きながら上側の脚をゆっくり下ろす

これを10回繰り返し、その後体の向きを変えて反対側も同様に実践します。両脚の上下運動となるため、バランスとコントロールが重要。安定した状態で行うためには、「常にお腹を薄くした状態で行うこと」がポイントです。また、「手から脚まで身体は一直線であること」、「上側の手を身体の前に置いて体を支えること」も心がけましょう。

▲お腹の力抜けると体が不安定になってしまい、腰が反ったり、身体が前に倒れがちになる(上写真)ので、必ずお腹にきちんと力が入っている状態で行ってください

下半身のスタイル崩れを放っておくと、どんどん悪化していくばかり。ぜひ習慣化して、きちんと脚太りの予防に努めていきましょうね。<ピラティス監修:Minami(インストラクター歴4年)>

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ