無料の会員登録をすると
お気に入りができます

それ、やめたほうが垢抜けます!元美容部員が見た「実録NGメイク」3選

メイク

元美容部員・コスメコンシェルジュのIkueです。メイクは自分を魅力的に見せたり、コンプレックスを解消してくれたりすごい力を持っています。でも時に失敗メイクをすると逆効果になることも…。もっとこうしたら垢抜けるのに!なんてこともありますよね。今回はよく見かける残念メイクとその解決方法をお伝えします。

そのファンデーションちょっと待って!メイクはベースが大事

メイクの中でも実はとても重要なのがベースメイク。ポイントメイクも大事ですがベースメイクでメイクの7・8割は決まります。よくある失敗メイクは厚塗りすぎるベースメイクです。

ファンデーションの塗りすぎ、カバーのし過ぎは老け見えの原因に。透明感のある肌を作るにはファンデーションの塗り方にコツがあります。

・ファンデーションは少しずつ肌に乗せる

・内側から外側へ塗り広げる

・皮膚の薄い、よく動く目の周りや口周りは薄く塗る

・カバーする時はコンシーラーやベースカラーを使う

リキッドファンデーションを使う時も、パフを使って伸ばすとキレイになじませることができますよ。

メリハリが大事!ベースメイクにプラスワン

ファンデーションの後にフェイスパウダー。よし、これでベースメイクは完成!なんて思っていませんか?ベースメイクには立体感が実はとても重要なんです。

左:M・A・C ミネラライズ スキンフィニッシュ 4,620円(税込み)
右:セザンヌ ナチュラルマットシェーディング02 693円(税込み)
ブラシ:ローラメルシエ ファンパウダーブラシ 3,980円(税込み)

美容部員をしていた時、ベースメイクにハイライトやシェーディング、チークを使っていない方が多かったな…という印象があります。

顔は平面ではなく立体的なので、メイクでも光の当たる部分にはハイライト、影になる部分にはシェーディング、そして血色感を出すためにはチークが必要になります。

りんごを机に置き写真を撮るとツヤがある場所、影になる場所がありますよね?

メイクでも同じように立体感を出すことで小顔に見えたり、肌を美しく見せることができます。

目元に夢中になりすぎてない?アンバランスメイク

メイクの中でもどこに時間をかける?と質問したら目元のメイクと答える方が多いのではないでしょうか。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ