無料の会員登録をすると
お気に入りができます

2019年はどんな手帳にする?暮らし上手さんのおすすめ手帳

毎年、今の時期になると本屋さんなどでずらりと並ぶ手帳。何がいいかどれにするか悩むのも楽しみ。今年はどんな手帳にしますか?

ライフスタイル

アナログとデジタルを使い分けて

便利な時代。スマホのスケジュール管理はリマインダー機能があって、前日、又は自分が知らせて欲しいときにアラームをかけておくことができます。

この機能、私はかなり重宝して使っています。

WSやカフェの予約開始時にセットしたり、子ども達の学校行事予定を入れたり、忘れ防止になくてはならないものになっています。

でも、やっぱり1年単位、1ヶ月単位、1週間単位での予定がぱっと見開きで見られるものが必要で。

年始めは今年こそはきちんと予定を立てて、やりたいことの1つでも2つでもできたらいいなと思うのですが、日々…結局追われることになり予定通りにならず、ほんとに必要なことだけを書いておくだけの手帳に。もしくは白紙のページが何枚もある状態。

今年、2018年は資格を取るために勉強するはずが、全然勉強する時間も確保できず、図書館で借りてきた本も読まずに返すなんてことも多々。

自分時間を確保する。やりたいことをまずは優先する。隙間時間にあてていたのでは全然、時間なんて作れないんですよね。

そんな時、来年(2019年)の手帳を探しているとなんだか心ときめく手帳に出会いました。

今年はCITTA手帳にしました

ときめく手帳とは、青木千草さんが作られた「あなたの未来を予約する CITTA DIARY 2019」です。

この手帳、10月始まりになっていて早速使い始めています。カバーは2年ほど前にお友達いただいたほぼ日のミナペルホネンのものです。

毎月、月初めにはワクワクLISTがあり、とにかくしたいことを書き出していきます。すぐに叶いそうなものからそうでないものまで。

使いはじめてまだ、3週間目ですがそれでもなんだか不思議な引き寄せパワーを感じています。

予約困難なカフェの予約が電話開始5分で繋がったり。この時は誰と何日に行くかまで決めて予約に挑みました。

いつもは予約が取れたら誰かを誘ってなんて思っているから通じないのかなと。そんなこともあって手帳に書き込むことが楽しくなっています。

今は手帳を楽しく書くためのアイテムがいろいろあるんですね。プラスから発売されているプチデコラッシュ。

修正テープのようになっていてマーカーしたり、可愛いスタンプのように使えるものもあります。あまりデコデコさせるのは好きではないですがポイントで使っています。

記事に関するお問い合わせ
オリジナルサイトで続きを読む