無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[埼玉]まるで旅館!岩盤浴カップルシートも人気の「花湯スパリゾート」レポ

旅行・おでかけ

埼玉県熊谷市に2017年にオープンした、約24,000平米もの面積を誇る日帰り温泉施設「花湯スパリゾート」。広々とした露天風呂をはじめ、9種類の岩盤浴や15,000冊以上の雑誌・コミックがそろうリラックススペースなど、カップルでまったり楽しむには、最高のスポット!実際に訪れた、その全貌をレポートします。

まずは源泉かけ流しの温泉へ。庭園さながらの広々露天で癒やされる/花湯スパリゾート

「花湯スパリゾート」は、2017年4月にオープンした日帰り温泉施設。敷地内に一歩足を踏み入れると、目の前に広がる和モダンな雰囲気に、一気にテンションが上がります!

東京ドーム約半分の広さという広大な館内は、大きく分けると「温泉」「岩盤浴」「リラックスルーム」の3エリア。入ってすぐのフロントにて、館内での過ごし方のプランを選択します。
プランは「ご入浴コース」(大人/平日800円、土日祝特定日950円)のみか、ご入浴コースに「温活cafeネスト」をプラスするかの、大きく分けて2つ。

「温活cafeネスト」は、温泉の他、同館の目玉である9種類の岩盤浴(うち7種類は男女共用)と、15,000冊以上のコミックや雑誌が読み放題のリラックスルームを利用できるプラン。平日ならプラス650円、土日祝日・特定日でもプラス750円で楽しむことができるので、かなり高コスパ!
カップルで訪れる場合は、もれなく「温活cafeネスト」を選ぶことをオススメします。

まずは、汗を流しに温泉へ。広大な温泉エリアは、館内のなんと半分を占めるそう。こちらの温泉は、地下約1,500mから湧き出る自家源泉を、加温・加水・循環濾過を一切することなく、「100%かけ流し」しているのがウリ!
混浴はなくここからは完全に男女別となるので、カップルで訪れる場合は、待ち合わせ時間を決めておきましょう。彼のほうが早く出るなら、先に「温活cafeネスト」エリアで、マンガを読みながら待っていてもらうのもアリです。

「広〜い♡」とウキウキしつつ、まずは体をさっぱりと洗い流し、内湯にゆっくりと浸かります。内湯には、あつ湯のほか、高濃度炭酸泉、ジェットバス、電気風呂があります。窓の外には、広大な露天風呂を望むことができますよ。

基本的に男湯と女湯の構造は同じですが、女湯にのみ、日替わりの入浴剤が入った半露天風呂があります。一方で男湯には、50人ほど入ることができる大きさの「タワーサウナ」があります。これは、サウナ好きな彼も喜びそう!

内湯で温まったら、いざ露天風呂へ!「ヒノキ風呂」「岩風呂」「壺湯」「寝湯」「大岩風呂」「シルク風呂」「座湯」と、7種類もの露天風呂があります。

とろりとした白いお湯が特徴の「シルク風呂」は、お湯に含まれた微細な気泡が、肌をシルクのようにしっとりと包み込んでくれます。乳化作用により毛穴の老廃物が取り除かれ、美肌効果も期待できるそうですよ。
開放感のある広い庭園を眺めつつ、絶えず注がれる源泉かけ流しの湯に浸かる贅沢なひとときを楽しんでくださいね♡

温泉でさっぱりした後は、「温活cafeネスト」エリアへ。二人で岩盤浴&リラックス

温泉から上がったら館内着に着替え、岩盤浴マットを持って、彼と一緒に「温活cafeネスト」エリアへGO!数多く並ぶ本やコミック、リラックスチェアも気になりますが、ここへ来たからには、まずは待望の“岩盤浴ツアー”へ!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ