無料の会員登録をすると
お気に入りができます

世界のスター選手が集結!「スケートエクスチェンジ2018」レポ

ライフスタイル

2020年東京オリンピックの正式種目に採用されているスケートボードの国際イベント「スケートエクスチェンジ powered by JTB」が東京の「ムラサキパーク」で2018年12月1日(土)に開催。アメリカからLacey Baker(レイシー・ベイカー)やMariah Duran(マライア・デュラン)、そして日本の西村碧莉選手など、世界トップ女子スケートボーダーが集結しました。

優勝は藤澤虹々可選手

ラスト2秒で大技を成功させたのが決めてとなり藤澤虹々可選手が優勝。2位に西村碧莉選手、3位はマージェリン・ディダル選手となりました。

プロスケーターとのサイン会/写真セッション

コンテストの後はサイン会と写真セッションが設けられました。招待選手たちは皆、笑顔でサインと写真に応じ、日本のスケートボーダーやファンたちとの交流を楽しんでいました。

選手たちの声

レイシー・ベイカー

■日本の印象

日本は素晴しくて、ショッピングも楽しんだし、食べものも美味しかったし、このイベントも素晴らしかったです。

■日本の女子スケートボーダーについて

みんな若くて才能があり、さまざまなスタイルを見せてくれました。アオリ(西村碧莉選手)は最高ですね。たくさんのスタイルを持っているし、成長も早いし、また勝負するのが楽しみです。

■オリンピックに向けての意気込み

最善を尽くして、それから健康でいることですね。健康でいて、練習を沢山して、成長していきたいと思います。

マライア・デュラン

■日本の印象

日本に来たのは初めてですが、スケートシーンが盛り上がっていて素晴らしいと思いました。

■日本の女子スケートボーダーについて

日本人スケーターの成長は素晴らしく、今後も楽しみですね。アオリ(西村碧莉選手)がなぜあんなに素晴らしいかもわかりました。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ