無料の会員登録をすると
お気に入りができます

知らないうちに溜まってない?整理収納コンサルタントおすすめ!溢れる「紙」の片づけ術

ライフスタイル

整理収納コンサルタントの春名陽子です。チラシや学校のプリントなど、気づけばあっという間に溢れる「紙」。整理したいと思いつつ、つい後回しになっているご家庭も多いのではないでしょうか。そこで今回は、無理せず実践できる「紙の断捨離法」について、分類から収納の流れに沿ってご紹介していきます。

③郵送物の停止

会員登録したら送られてくるようになった冊子やDMはありませんか?面倒に感じる停止も一度やればスッキリします。

紙を溜めない工夫

紙を減らすと同様に、溜めない事も大切です。

①提出書類はすぐ出す

すぐ記入し提出する事で、他の書類と混ざる心配もなく出し忘れも防げます。

②見たら捨てる

帰宅後の動線に、紙ごみ用袋やシュレッダーを設置しておく事で溜めない仕組みを作れます。

③カレンダーアプリの活用

日時のみ把握したい学校の行事等は、カレンダーアプリに入力する事で紙を手放せます。

④写真を撮る

書類を見返す可能性がある場合は写真を撮る・メモのスキャン機能等を使う事で、紙を手放せます。 短期保管の書類を「一時置きボックス」で管理する方も多いと思いますが、ボックスを「空の状態」にすることが理想です。

収納時のコツ

残す書類を収納する際のコツをご紹介します。

①立てる

積み重ねる収納は、下の書類の存在がわかりにくくなります。書類を立てる事で、取り出しやすく戻しやすい収納が叶います。

②グルーピング

人別、見返す頻度別などに応じてグループごとに管理しましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ