無料の会員登録をすると
お気に入りができます

来年こそ手帳を使いこなそう♡本当に使えるおすすめアイテム&手帳術

新年に向け、新しい手帳を手にしている方も多いはず。けれど中には、予定を書き込んでいるのにスケジュール管理がうまくできないなど、手帳に対してお悩みのある方もいるのでは?東急ハンズ新宿店「ココロ☆オドル文具店」店主の駒場さんがおすすめする便利なアイテムがあれば、そんな悩みが解決できるかもしれませんよ。

ライフスタイル

「ココロ☆オドル文具店」で手帳についてお悩み相談

ーSheage編集部(以下S)
本日は、手帳に対するお悩みを解決してくれるアイテムを探しに来ました!ただ、その前にひとつお聞きしたいことが…。駒場さんは「ココロ☆オドル文具店」の店主さんとのことですが、東急ハンズの中に文房具店があるのですか?

ーHi!Tenshu 駒場さん(以下駒場)
いえ、「文具店」や「店主」と言っていますが独立したお店があるわけではないんです。東急ハンズ新宿店では、各分野ごとに情熱をもったスタッフが店主という名で接客をするコーナー、「Hi!Tenshu」というものがあるんです。今年3月にスタートした試みで、当初は7名でスタートし、今では20名に増えて全フロアに店主がいます。ココロ☆オドル文具店もそのひとつです。

ーS
すごい、そんなにたくさんの店主さんがいるんですね!
新しい手帳を使い始める時期に、文房具の店主さんとお話ができてうれしいです!よろしくお願いします。

ーS
それでは早速、相談させてください。私は手帳を毎年買うのですが、使いこなせているという実感がなくて…。途中から書き込まなくなってしまうことが多いんです。

ー駒場
どんなことを書こうとして、つまづいちゃうんですか?

ーS
それがいろいろなんです。スケジュールを書き込んでてもごちゃごちゃしたり、日記を書いても続けられなかったり。来年の手帳はもう買ってあるので、今度こそきちんと書いて使いこなしたいんですが、どうすればいいのか…。

ー駒場
それじゃあ、ひとつずつお悩みを聞いていきましょう。手帳に使えるアイテムはたくさんあるので、それぞれの悩みを解決できるものがきっとありますよ。

TO DOリストが簡単&きれいに作れるロール付箋

ーS
最初の悩みはスケジュール管理についてなのですが…。予定を書いていても、変更があったときに修正をすると、だんだん汚くなっていっちゃって。修正ペンやテープを使って直しても跡が残るし、シャープペンで書いて消しゴムを使ってもきれいに消せない。なんだか見づらくて、結局そのうち書きこむことすらしなくなっちゃうんです。

ー駒場
修正が繰り返されると見づらくなるということですね。であれば、直接書き込むのではなく、動かせるアイテムを使ってはどうでしょう?おすすめは「ロールふせん」。TO DOリストを作るのにもぴったりの付箋なんです。

ーS
かわいいテープのようですが、付箋なんですね?

ー駒場
はい。ミシン目が入っていて、使いたい幅で簡単に切れるようになっています。そこに予定を書き込んで、手帳に貼る。予定が変わったときや、できなかったことを別の日に移すときも、剥がして移動すればOKで簡単なんです。

ーS
そっか、付箋なら直接書き込まないから、手帳はきれいなままですね。

ー駒場
このロールふせんは5mm幅で切れるようになっていて、ほかの付箋に比べてコンパクト。なので、マンスリーページなどの狭い部分にも貼りやすく、細かなスケジュール管理をしたい方にも使いやすいですよ。

ーS
色やデザインもかわいくて、使っていて気分が上がりますね~。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ