無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ダブル洗顔やめました!美肌菌を守る「KINS」待望のクレンジングオイルが誕生

ビューティ

クレンジング難民さんに朗報です♡

「KINS」から待望のクレンジングオイルが発売

総合的な菌ケアサービスを展開する「KINS」より、クレンジングオイル「KINS CLEANSING OIL」が2022 年4月11日(月)に発売されました。

新商品クレンジングオイル発表会にてロカリ編集部が撮影

菌が作り出した成分* で肌のうるおいを守り、メイクと不要な汚れはしっかり落とす。しっとり、やわらかに洗い上げる植物由来のクレンジングオイルの魅力をご紹介します。
* 乳酸桿菌/ 豆乳発酵液

ダブル洗顔不要。こういうの探してた…!

美肌菌は守り、不要な汚れはしっかり落とす

新商品クレンジングオイル発表会にてロカリ編集部が撮影

夜はオイルやジェルなどのクレンジングでメイクを落とし、他の洗顔料でさらに顔を洗うという「ダブル洗顔」している人も多いはず。

でも、過剰な洗顔や界面活性剤が主成分の洗顔料の使用は、角質細胞の間にある細胞間脂質までダメージを与えてしまっているという悲しい現実も。ダブル洗顔によって、肌に必要な常在菌も洗い流してしまっているのです。

“ダブル洗顔しないと眠れない”、“KINSからクレンジングを出してほしい”というユーザーのお悩みやリクエストに応えるかたちで、美肌のためにもっとも大切な「常在菌のバランス」を一番に考えて洗う菌ケアを叶えるクレンジングオイルを開発して誕生したのが「KINS CLEANSING OIL」です。

クレンジングオイル3つのポイント

①「常在菌のバランス」を守る

新商品クレンジングオイル発表会にてロカリ編集部が撮影

「KINS CLEANSING OIL」は、マカデミアナッツオイルと米ぬかオイルをベースにしています。マカデミアナッツオイルは、メイクのなじみがよく、皮脂とも近い成分・パルミトレイン酸が含まれているのが特徴。

希少なパルミトレイン酸は、善玉菌であり美肌菌でもある「表皮ブドウ球菌」に配慮しながら、肌にダメージを与える悪玉菌「黄色ブドウ球菌」や過剰繁殖でニキビの原因にもなる「アクネ菌」を選択的に抑える作用が期待できるのだとか。もちろん、菌ケア目線でもとっても優秀な成分です。

②毛穴ケア

yourkins.com

マカデミアナッツオイルに含まれるパルミトレイン酸は、皮膚柔軟効果があるのもすごいところ。

使い続けることで徐々に毛穴や角栓の目立ちにくい肌へと導いてくれるので、毛穴で悩んでいる人は使いはじめたときからチェックしてみるのがおすすめ。 さらに、米ぬか(米の胚芽)オイルは、γ- オリザノール やトコトリエノール、トコフェロールなどの成分が豊富で、 酸化に強く、不要なメイク汚れとスッとなじみます。 古い角層に浸透して潤いを与えながら、毛穴の汚れを洗い流すことで、キメの整った柔らかな肌へと洗い上げます。

③嗅覚による自律神経のケア

ストレスを抱える現代人の私たちは、腸内細菌のバランスが崩れて、体調不良に悩む人も多いですよね。

自律神経の副交感神経を司っている腸のはたらきを高めるには、意識的に深く呼吸をして、自律神経のバランスを取ることが大切。ベルガモットオイルやダマスクローズオイルなどの天然精油ブレンドが心地良い香りの「KINS CLEANSING OIL」は、使うたびにリラックス効果をもたらします。
1日の終わりは、メイクも疲れもいっしょにオフすることができますよ。

記事に関するお問い合わせ