無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「セックスで本音を言いづらい…」パートナーとの話し合いのコツは?[ラブライフカウンセラーが解説]

「セックスに関してパートナーに思っていることを伝えられていない」という人は少なくないでしょう。パートナーとの話し合いのコツや、性に関する価値観のズレを解消する方法をラブライフカウンセラー®のぽかべさんに伺いました。

「パートナーに思っていることを伝えられない/パートナーの本音がわからない」こういった悩みは珍しくないですし、特に性に関することですと、ハードルが高く感じる人は多いでしょう。

ですが、「本当はこうしてほしい」「これは痛いと思っている」「こういうこともしてみたい」など意見を伝えあわなければ、お互いモヤモヤを抱えたままになってしまいますよね。

ラブライフカウンセラー®として活動するぽかべさんは、「日本のQOS(Quality of Sex)の底上げ」を掲げ、ブログやTwitterを通じて、性・セックス・パートナーシップに関する発信を行っています。今回はぽかべさんに「性やセックスに関してパートナーと話し合うこと」をテーマにお話を伺いました。

セックスの話し合いの前に日頃のコミュニケーション

——ラブライフカウンセラー®として活動するなかで、よく寄せられる悩みにはどのようなものがありますか。

セックスに関して相手への伝え方がわからない・やめてほしいことや要望をなかなか言い出せない、そもそも「性に関する話し合いってどうやってすればいいのですか」など、セックスの行為そのものよりも、話し方・伝え方に関する相談・質問がとても多い印象です。

ただ、私は性に関する話し合いは日頃のコミュニケーションの延長線上にあると考えています。お話を伺っていると、そもそも普段からカップルでのコミュニケーションが不足していることも多く、セックス以外でも、自分が思っていることを相手に伝えられていないという人も少なくないようです。

共同生活を送るにあたってのちょっとしたルールや、言葉の選び方など、双方の価値観のズレは無数にあると思いますが、コミュニケーションとは二人の価値観をすり合わせて「落としどころをつける」作業だと考えています。

もともとセックスは普段は隠されている身体の部分や、心の面でも無防備な部分を見せる行為です。「落としどころをつける」練習が日頃からできているカップルですと、性の話になってもハードルが低くなりやすい傾向が見えます。一方で、コミュニケーションによって信頼関係を築く土台がなければ、いきなり性のテーマについての話し合いをするのは難しいと考えます。

「セックスは日頃の信頼関係の延長線上にある」「性に関する話し合いは日常的なコミュニケーションの延長線上にある」ことを強調したいですね。

AdobeStock

——そもそも自分の本音を把握できていない人も少なくないように感じます。

おっしゃる通りで、まずは自分の感情をよく観察することから始めてほしいと考えています。

例えば、「パートナーは頑張ってくれているのに、相手に不満を感じるのはダメだろう」「本当はこう思っているけれど、言ったら傷つけてしまうからそう思わないほうがいいよね」など、感情を抑圧してしまうことがよくあります。でも、「ダメ」とジャッジをする前に、自分がどう感じているかを、いったん事実として受け止めてあげる、あきらめのような感覚も大事だと考えています。

特に真面目で頑張り屋さんな人ほど、「自分のことは置いておいて、相手が心地良く」と意識が向きがちだと思うのですが、まず自分がどういうときに喜怒哀楽を感じるか、何かされたときにどう感情が動くかを、そのまま受け止めてみてほしいです。

自分が実際に感じていることと、「こうあらねば」のセルフイメージがかけ離れている人は、なかなか自分の本心が探りにくい状態になっているかもしれません。予想していたよりも、クズな自分が次から次に出てくるかもしれません(笑)でも、それもいったん受け止めてあげましょう。

最初に優先することは、自分の身体と心を心地良くすること。ですので、相手にしっかりと向き合う元気がないときには、その場で無理に意見を伝えるのではなく、「少し一人で考えたい」と一旦距離をとるという選択肢もあります。しっかりと自分の感情を認識したうえで「この感情を相手に伝えてみようかな」と初めて自発的なコミュニケーションが始まるんです。

もし仮に、やりとりする言葉が多くても、お互いに本心が分かっていない状態で話し合いをしても、結局は「相手が何を考えているかわからない」とか、「本心はどうなの?」と探ってしまいますし、実は話し合いのスタートラインにも立てていない...なんてことになっているかもしれませんよね。伝え方のテクニック的な面では、自分の考えも相手の考えも尊重する「アサーティブコミュニケーション」を活用し、対話を図ることをおすすめします。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ