無料の会員登録をすると
お気に入りができます

廃棄される“漬け梅”って知ってる?サステナブルなコラボで誕生した京都の「至極の梅かき氷」が食べてみたい!

旅行・おでかけ

ひんやりかき氷が食べたくなる、これからの季節。

京都・四条河原町のGOOD NATURE STATION(グッドネイチャーステーション)には、「漬け梅のフードロス削減!」をテーマに、梅体験専門店「蝶矢」とコラボした『至極の梅かき氷』が登場!

GOOD NATURE STATION
蝶矢

6月1日(水)より期間限定で楽しめますよ。

「フードロス削減」をテーマに、京都の蝶矢×GOOD NATURE STATIONがコラボ

「漬け梅のフードロス削減!」をテーマに企画された、梅シロップや梅酒づくりが楽しめる梅体験専門店「蝶矢」×GOOD NATURE STATIONのコラボレーション。

“漬け梅”とは、家庭で梅シロップや梅酒を手作りする際に使われる梅の実のことで、食べずに廃棄されることが多いのだといいます。

そんな“漬け梅”をアップサイクルした、サステナブルなオリジナルコラボメニューが誕生!

「蝶矢」の梅体験で使われる“漬け梅”をトッピングした「かき氷」が、GOOD NATURE STATION 4階のレストラン「Hyssop」に6月限定でお目見えします。

“漬け梅”をトッピングしたサステナブルな『至極のかき氷』

『蝶矢×Hyssop 至極の梅かき氷』(税サ込1500円)は、Hyssopの人気メニュー「かき氷」に、肉厚でジューシー、国産梅の芳醇な香りの“漬け梅”をプラス。

かき氷には、自家製の青紫蘇シロップ、食感の変化が楽しい白あずき、ハト麦スナックをトッピング。

氷の中に忍ばせた自家製サワークリームアイスのほど良い塩味が、“漬け梅”と相性抜群なのだとか。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ