無料の会員登録をすると
お気に入りができます

歯がなくなったらどうすればいい?[インプラント・差し歯・ブリッジ]Q&A

ライフスタイル

虫歯や歯槽膿漏などで歯を失ったら、どんな治療が必要なの?よく聞くインプラントって差し歯とどうちがうの?アフターケアは?などなど…。オーラルケアが大切になってくる美スト世代が知っておきたい、インプラント・差し歯・ブリッジの素朴な疑問に、ドクターが答えてくれました。

▼あわせて読みたい

【口臭が消えた!】美容誌スタッフおすすめの歯磨きグッズ15選

Q:治療法の違いは?

【ブリッジ】

【差し歯】

【インプラント】

A:歯を抜けたままにしておくと嚙み合わせが乱れて食べにくくなり、姿勢も崩れ、肩こりや頭痛、顔のゆがみなど全身に影響が。1本でもなくなったら欠損した部位を補う治療が必要です。差し歯は歯の根っこが残っている場合のみ可能で、根っこに支台を立て、その上に歯の形をした被せものをします。ブリッジは、歯が抜けている場所の前後の歯を削って型を取り、真ん中の歯のない部分を両隣で支える、橋渡しの歯を入れる方法。インプラントは、歯が抜けた場所のすぐ下の顎の骨に人工の歯の根っこを埋め、それを土台にして歯を作る治療法です。

Q:インプラントは年をとってからも問題ない?

A:歯ぐき(歯槽骨)の状態に個人差があるので年齢をきちんと区切ることはできませんが、60歳を超えても可能です。ただし、骨粗鬆症で骨密度が減ってきた人は、医科と連携をとり十分考慮したうえで治療すべきです。女性は更年期を迎えると骨粗鬆症になりやすいので、メンテナンスはしっかりと。

Q:手術法や素材の違いでコストが変わるの?

A:差し歯やブリッジは保険が基本的に適用されますが、審美的に白い歯を入れたい場合は、保険適用外になります。例えば、自分の歯の色に合わせて作る白い歯のセラミック(ジルコニア)やインプラントは自費診療になり、素材やメーカー、医院によって、費用が異なります。

Q:アフターケアはどうすればいい?

A:インプラント治療の場合、天然の歯と構造が違うためインプラントの周囲の炎症に気を付ける必要があります。それゆえに3カ月に一度プロケアを受け、問題があれば早期に治療することで長持ちさせることができます。

Q:差し歯が適している場合でもインプラントは可能?

A:歯の根っこが残っている場合、基本的には差し歯をおすすめします。インプラントは歯ぐきや骨の状態も重要で、なおかつ手術の必要もあるので、慎重に見極めを。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ