無料の会員登録をすると
お気に入りができます

毎日ちょっとやるだけ!プロが教える「いつ人が来ても大丈夫な家」のお片付けルーティン

インテリア

整理収納アドバイザーの田中ゆみこです。皆さん、友人から「近くまできたので、今から家に寄ってもいい?」と連絡があると「えっ今から?ちょっと待ってて。すぐ片づけるね。」と急いで片づけ始めたりしませんか?今回はそんな時慌てない「いつ人が来ても大丈夫な家」のお片づけルーティンを5つご紹介します。

①玄関のたたきに出す靴は1人1足にする

来客がまず最初に目にする場所が玄関です。玄関がごちゃごちゃに散らかっていると、部屋の中も片づいていないイメージはありませんか?

風水的にも玄関はすっきりさせておくことが大切です。

家族の人数分以上の靴が脱ぎっぱなしになっている場合は、1人1足と決めて玄関をすっきりキレイにしておきましょう。

玄関は5分もあれば掃除できます。毎朝、片づけと掃除をルーティンにしておくといつ人が来ても大丈夫ですよ。

②テーブルの上に置いているモノを片づける

玄関からリビングに入った時、すぐに目にはいってくるのがリビングテーブルやダイニングテーブルです。

テーブルの上に何も置かれていないだけで部屋がスッキリと綺麗に見えるものです。机の上に散らかっているものは定位置に戻しましょう。

定位置が決まっていない場合は、ぜひ戻しやすい場所に決めてくださいね。

③床に散らかっているモノを片づける

ついついカバンなどを床に置いてしまいがちですが、床にモノを置くと、動線の邪魔になったり、場所によっては散らかった印象になってしまいます。

床に散らかっているモノを片づけるだけでも、スッキリした雰囲気になりますよ。

床にモノがないと、掃除もラクになります。いつ人が来ても大丈夫なように、床置きは極力しないようにしておきましょう。

④一時置きボックスを用意しておく

急な来客があった場合、机の上や床に散らかっているモノをつい、押し入れや棚につっこんだりしませんか?片づける時間がない時は、一時置きボックスを作ることをおすすめします。

ボックスの中は多少ごちゃごちゃしていてもOK!家族1人につき、1つずつボックスがあるとなにかと便利ですよ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ