無料の会員登録をすると
お気に入りができます

メイク&心理学で[まぶた]を老けて見せないテクニック

メイク

くぼんでしまった目もと、老けて見せないためはどうしたらいいの?目を大きく見せたいがために周りをアイラインで囲ったり、アイシャドウを重ねすぎるのはNG。ポイントは眉を含めた目のまわり全体に一体感を出すこと。メイクや心理学のテクニックを使って、魅力的な目もとの印象にするテクニックを教えてもらいました。

▼あわせて読みたい

【老けまぶた解消】ベテラン美容編集が感動の高機能アイケア5選

Q:まぶたは他人からはどう見られてる?

A:心理学的には眉から下まぶたまでが目

人の印象を左右する最も重要なパーツが目です。といっても、この場合の「目」は瞳だけではありません。上下のまぶたやまつ毛、眉などを含めて「目」として認識していることが分かっています。広い意味の「目」を魅力的にすることが好印象の秘訣といえます。

Q: 老けまぶたになったらメークのやり方、変えなきゃダメ?

A:凹んだところは塗らないのが正解

目尻と目頭を抜いてみて!

赤みたっぷりのピンクパレット。右下を上まぶたの二重中央部分に塗ったら、左下のブラウンで上までぼかして。フーミー アイシャドウパレット believe in pink ¥1,980(Nuzzle)

眉とまつ毛の質感を揃えるのも◎

森川和則先生 大阪大学人間科学 研究科 教授
東京大学大学院心理学修士 課程修了、米国スタンフォ ード大学心理学博士号取得。 専門は視覚心理学。メーク などに応用した研究を行う。

イガリシノブさん ヘア・メークアップ アーティスト
若い世代にも美ST世代にも 大人気。感覚と理論を携え、 自由な発想と常識や流行に とらわれない独自のメークテ クで大人世代の悩みを解決。

こちらの記事もおすすめ!

2022年『美ST』6月号掲載
撮影/峠 雄三 取材/大山真理子 編集/長谷川 智

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ