無料の会員登録をすると
お気に入りができます

アラフォーさん必見!やめたら垢抜けた!30代までのアイメイクを見直す方法

メイク

美容ライターの遠藤幸子です。長年やり慣れたメイクには安心感がありますが、いつの間にか似合わなくなり、古くなっていることがあります。これまでのメイクをやめたら急に垢抜ける可能性があります。今回は、40代の方にぜひ見直してほしい、30代までのアイメイクをご紹介します。

やめたら垢抜けるアイメイク①グラデーションメイク

説明書通りに順番に色を重ねることで目元に立体感を作るアイメイクは、40代の方にとってこれまで続けてきた鉄板メイクではないでしょうか。

しかし、まぶたのたるみや小じわが気になるなど、40代の目元の印象は30代の頃と変化しています。特にまぶたのたるみは顔の印象を変えてしまいます。

実際のところ目を閉じてアイメイクし、目を開いてみると思うような位置に色がないということになりがち。

グラデーションアイメイクは、いつの間にか似合わなくなったアイメイクのひとつと言えます。

アップデートの方法

40代からはまぶたのたるみを考慮し、単色もしくは2色でシンプルなアイメイクをするのがおすすめです。そうすることで、目を閉じてメイクをしても目を開けたときに違和感を覚える可能性が低くなるからです。

メインにするアイシャドウの色はベージュやパステルカラーなどの膨張色を選ぶと、目元にハリが出た印象になり、まぶたのたるみを感じさせない仕上がりになります。

やめたら垢抜けるアイメイク②下まぶたには上まぶたと同じアイシャドウ

アイメイクに一体感を出そうとすると、下まぶたに上まぶたと同じ色のアイシャドウを使いがちですが、これも40代からは見直して欲しいアイメイクです。

というのも、上下に同じ色を塗ると、抜け感が出ずに目元がくすんで見えることがあるからです。

アップデートの方法

下まぶたには上まぶたより明るい色のアイシャドウ、もしくはアイライナーを塗るのがおすすめです。そうすることで、下方向に明るさが出て抜け感も出ます。

クマがあったとしてもそれをカバーすることにも繋がり、一石二鳥です。

さらに、パール感のあるものを選ぶと光を集めてくすみを飛ばすのに効果的です。とはいえ、目の下はちりめんジワが気になる部分。

パールの粒子が細かく、シワを悪目立ちさせないものを選びましょう。

やめたら垢抜けるアイメイク③肌から浮くようなカラーをメインにする

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ