無料の会員登録をすると
お気に入りができます

低身長さんでも諦めない♡スタイルアップが叶う真冬のコーデ見本帳

寒い冬にはボトムスやアウターも長めになりがちで、低身長さんには悩ましい季節でもあります。また、今年はオーバーサイズがトレンドです。そんな小柄な方でも素敵に着こなせる真冬のオシャレコーデを10選ご紹介します。

2019年1月
ファッション

オーバーサイズは低身長でも着こなせる♡

wear.jp

今年のトレンドはズバリ「オーバーサイズ」です。ゆるっとした着こなしは、こなれ感があって素敵ですよね。でも、身長低めの小柄さんがオーバーサイズを着ると、服に着られているような感じになってしまいがち。

wear.jp

低身長でもオーバーサイズを着こなしたいなら、アイテムの選び方にコツがあります。身長が低いからこそ、可愛らしい雰囲気を出せるのが強みです。おしゃれにオーバーサイズのアイテムを着こなしましょう。

ノーカラーコートで縦のラインを作る

①一着は持っておきたいグレーのコート

marico on Instagram: “今年もコーデュロイのタイトスカートが活躍中💕 でも自転車は危険🙅‍♀️😂 ・ ・ ・ #outfit tops… #fifth skirt… #titivate  outer… #spickandspan (去年) bag… #fendi ____________…”
instagram.com

ノーカラーコートは、襟元がすっきりしているので、前を開けて着こなすことで縦のラインが強調されます。グレーのノーカラーコートは上品に見えるので、一着持っておくといろんな着こなし方ができますよ。

②ブラックコーデは低身長をカバーできる!

wear.jp

上品なノーカラーコートは、ブラックを選べばよりスタイル良く着こなせます。ブラックコーデは低身長をカバーしやすく、誰でも挑戦しやすいんです。

ロングスカートでレディにまとめる

③プリーツスカートならすっきり見える

@moyooonn on Instagram: “. お正月はなんだかバタバタで あっとゆうまでした🎍 かなり遅くなりましたが こんな私ですが 今年も宜しくお願い致します🙇‍♀️✨ . . 今日は楽ちんパーカーコーデでした😊🙌🏻 カジュアルだけど スカートを合わせるとちょっとレディな感じがします(*^^*)…”
instagram.com

ボリュームが出やすいロングスカートを履くなら、低身長さんはプリーツスカートを選べば間違いなしです。オーバーサイズのパーカーにも着られずに、大人のレディな雰囲気に仕上がりますができますよ。

④ショート丈アウターでバランス良く

wear.jp

ロング丈のアウターとロングスカートの組み合わせは、バランスが難しいですよね。ショート丈アウターならスタイル良く着こなせます。ボリュームのあるダウンでも問題なし!

タイトスカートで大人っぽく

⑤オーバーサイズニットには黒のタイトスカートを合わせる

wear.jp

身長が低めだと、どうしても「着られている」感が出てしまうオーバーサイズニット。黒のタイトスカートを合わせてバランスを取りましょう。レギンスとスニーカーでカジュアル感を取り入れるのもおすすめです。

⑥スリット入りならニットスカートもOK!

wear.jp

ボリュームが出て難易度が高いニットスカートは、スリット入りのタイトなシルエットのものを選べば間違いなし。スリットがあることで、脚長効果が期待できるんです。

スキニーデニムでメリハリをつける

⑦ボリュームのあるコートはスキニーですっきり

wear.jp

ボリュームたっぷりのロングコートは、低身長さんには難しいアイテムですよね。ボトムスはスキニーがおすすめ!足元が引き締まって見えるので、全体のバランスがちょうどよくなるんです。

⑧スキニーならメンズライクなコーデも着こなしやすい

wear.jp

カジュアルなパーカーやスニーカーを合わせたメンズライクなコーデは、低身長さんだと子どもっぽく見えてしまいがち。スキニーデニムで脚のラインを出すことで、女性らしさも感じさせる着こなしができますよ。

小物使いでスタイルアップ

⑨ボリュームのあるマフラーで目線を上に

wear.jp

真冬ならではのボリュームたっぷりのニットマフラー。さっと巻くだけで、目線を上に持ってくることができるので、スタイルアップに繋がります。トップスと同系色にするとよりすっきり見えますよ。

⑩真冬だからこそニット帽

wear.jp

簡単に身長を高く見せたいなら、ニット帽はマスト。子どもっぽくならない秘訣は、服と同じ色を選んで統一感を出すことです。大人の女性におすすめのカラーはブラック!

真冬のオーバーサイズコーデを楽しもう♡

wear.jp

身長が低くても、オーバーサイズのアイテムは着られます。ぜひ、今年の冬は暖かいアウターやニットのオーバーサイズコーデにチャレンジしてみてくださいね。

記事に関するお問い合わせ