無料の会員登録をすると
お気に入りができます

こんな絶景テラス、行くしかないでしょ!熱海旅行のついでに寄りたい、山頂のパノラマ展望台って知ってる?

旅行・おでかけ

静岡・熱海の“十国峠”に、富士山や駿河湾などを360°パノラマで望める展望テラス「PANORAMA TERRACE 1059(パノラマテラス1059)」がオープン!

デッキに上ったり座ったり寝転んだりと、思い思いに絶景を堪能しませんか?

静岡・十国峠に絶景の展望テラスがオープン

8月11日(木・祝)、静岡・十国峠の山頂にオープンした「PANORAMA TERRACE 1059」。

「十国峠」という名前は、昔の国名で「伊豆」「駿河」「遠江」「甲斐」「信濃」「相模」「武蔵」「上総」「下総」「安房」といった“十の国”を見渡せたことに由来するといいます。

その名の通り、晴れの日の山頂からは、富士山や南アルプス、駿河湾に房総半島、三浦半島まで、何にも遮られることなく360°パノラマを楽しめるんだそう。

ハンモックに寝そべれば、大自然に自然に溶け込んだ気分…

さまざまな形状のデッキが十国峠山頂広場を囲むように設置されたテラスでは、目の前に広がる大自然を五感で感じながら、開放的な時間を満喫できちゃいます。

デッキの中には、寝転びながら駿河湾や初島の景色を楽しめる、ハンモック付きのタイプも。

十国峠の文字をかたどった巨大モニュメントに、“十の国”を指す矢印なども登場しているので、自分だけのベストなフォトスポットを探してみては?

カフェのフードやドリンクを、テラスの特等席で楽しみたい!

十国峠山頂の駅舎内には、テイクアウト専用カフェ「TENGOKU CAFÉ」もオープンしています。

ここでは、富士山をモチーフにしたモンブランや、近隣県のフルーツをふんだんに使用したフルーツポンチ、青空を連想させるドリンクなど、味も見た目も楽しめるオリジナルメニューが勢揃い。

テラスの特等席で味わえば、見渡す限りの大自然がいいスパイスになって、より一層おいしく感じること間違いなしです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ