無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「気絶するぐらい辛い」ローソンの新作「まぜそば」冷房の中でも汗がとまらなかった。

グルメ

「気絶するぐらい辛い」「辛すぎて完食できんかった、、、」「許容範囲を超えて辛かった」「まじやばい......ヒィヒィ...」「ありえんレベル」......

ローソンで2022年8月16日から販売されている、「冷し辛辛魚まぜそば」が、あまりに辛すぎるとSNS上で注目されています。

最近辛いものにハマっている記者は気になり、早速チャレンジしてみました。

辛さレベルマックス

商品名は、「麺処井の庄監修 冷し辛辛魚まぜそば」。8月16日からローソンで順次展開中の「旨辛フェア」に登場している商品のひとつで、価格は559円です。

旨辛フェアでは、各商品に辛さレベルが5段階で設定されています。同商品は、東京の激辛ラーメンの名店「麺処井の庄」が監修しており、辛さレベルはマックスの「5」。

開けてみると、麺、具、スープに分かれていました。最初に、辛さの肝となるスープを麺に絡めてから、具材をトッピングして食べます。

スープを麺にかけてみると、赤い! 辛みのある濃厚魚介豚骨スープで、鼻を近づけると唐辛子の香りがしました。これだけでかなり辛そうです。

具は、ねぎ、メンマ、もやし、チャーシュー。そして、豆板醬と鰹節粉末、ごま油をあわせた「特製辛辛魚玉」です。

特製辛辛魚玉も赤く、見るからに辛そうです。

まずはスープと絡めた麺をすすってみます。おそるおそる口に入れて味わってみると、魚介系の旨味と塩味が先にきました。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ