無料の会員登録をすると
お気に入りができます

今は100万円しか貯金がない人が、1000万円貯金を目指すためのヒント

節約・マネー

お金を貯めたいと思う人の目標として、まずは100万円でしょう。100万円を達成したら、次に目指すべき目標は貯金300万円、500万円、1000万円となります。とはいえ、100万円台の貯金で足踏みしている人は少なくありません。100万円台の貯金から1000万円貯金を目指すためにはどうしたらいいのでしょうか?

ヒントその1:貯金を続けられるようにしよう

実は、多くの人が抱えている原因なのが、貯金そのものが続かないということです。

貯金が続かないというと、単純に「飽きっぽい」「意志が弱い」などと思われがちですが、必ずしもそうではありません。

もちろん、そのような理由で貯金が続けられない人もいるのですが、それ以上に続けたくても急な出費で貯金を切り崩さなければならなくなった。ライフスタイルが変わり、貯金そのものができなくなってしまったなどが理由です。

このような理由で貯金が続かないとすれば、毎月の貯金額そのものが収入に比べて高すぎることが原因でしょう。貯金は、必ずしも最初に決めた金額で貯めなくてもOK。家族構成、仕事、ライフスタイルが変わったら、その時に貯められる金額に修正し、続けることを意識してください。

ヒントその2:先取り貯金で貯めよう

毎月、どのような支出があるかわからないからと、貯金そのものをせず、「お金が残ったら貯める」という人もいます。

その場合、最初に貯金を取り分けておく必要がなく、生活を回していくのは楽になりますが、収入を使い切ってしまう可能性が高くなります。また、使い切らなくても、余裕があるからと余計にお金を使ってしまうことも考えられます。

お金を貯めたいなら、「残ったら貯金」は絶対にNGです。毎月の収入からまずは貯金する金額を確保しておき、残りのお金で生活をまかなうようにしましょう。

「残ったら貯金」ができる人は、貯金が得意な人だけです。そういう人はとっくに1000万円貯金は達成しているでしょう。お金がなかなか貯められない人は、先取り貯金で貯めましょう。

ただし、手元に残った小銭貯金は大歓迎。お財布がスッキリしますし、貯金のスピードアップに役立ちますよ。

あったら貯金はNGですが、手元に残った小銭貯金は大歓迎。お財布がスッキリしますし、貯金のスピードアップに役立ちますよ

ヒントその3:収入を増やしてみよう

収入が少なければ貯金にお金を回すことができませんので、1000万円は夢のまた夢ということになってしまいます。

対策としては、節約をした上で、収入を増やすことがベストです。なぜなら節約には限界があるからです。

たとえば、今現在、片働きなら、配偶者はアルバイトやパートでよいので働いて収入を得ることを考えてみましょう。また、一時的な収入となってしまいますが、不用品を処分して現金化するのも手です。

月1万円の貯金でも30年で1000万円貯金は達成できる

まず取り組むべきことは、たとえ少額でもよいので、毎月、貯金を続けることです。たとえば、毎月1万円、ボーナスを年間30万円貯金した場合は、年間で42万円貯めることができます。10年で420万円、20年で840万円、30年で1260万円となります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ