無料の会員登録をすると
お気に入りができます

古くても、こんなに素敵♡使いやすい「働く台所」を拝見!

使いやすいキッチンは、自分で「育てる」もの。築年数の古いキッチンでも、使いやすくおしゃれな理想の空間を手に入れるためのアイデアを紹介します。

インテリア

古い家でもおしゃれに暮らせる

「うちのキッチンは古いから、おしゃれにできない...」と諦めていませんか? 古い家でも、理想のキッチンを手に入れることはできるんです。

書籍『働く台所』に学ぶ、キッチンの育て方

最新のシステムキッチンも憧れるけれど、古い台所だからこそ愛着が湧く......そんな地に足のついた暮らしのお手本となる13のお宅を取材した書籍『働く台所 ‐古くても小さくても、暮らしを楽しむ』。古い家とじっくり付き合う魅力が再確認できる一冊です。

古いキッチンを使いやすく育てるコツ

今回は、『働く台所』に掲載されたお宅の一軒、愛知県の木全さん宅のキッチンを拝見。古いキッチンを使いやすくおしゃれにする工夫を紹介します。

1.色や素材を統一する

築100年超えの日本家屋

お母様から受け継いだ日本家屋は、なんと築100年超え。お金をかけずに時間と手間をかけて改装しました。家具は木のぬくもりを感じるものを選び、調理器具も天然素材で作られたものを使用することで、自然と余計な色が抑えられ、統一感のある空間になっています。

2.業務用アイテムを使う

業務用ガスコンロをセレクト

旦那さんお手製の棚に業務用ガスコンロを乗せたガス台。業務用のシンプルなデザインは和風の台所にもなじんでいます。無駄な装飾がなく、木製の家具ともマッチ。

3.そのまま出せる食器を選ぶ

直火にかけられる食器が便利

友人でもある陶芸家・櫻井美奈子さんの器は、直火にかけて使うこともできるそう。「形も可愛いし、洗い物も減っていいことずくめ」と木全さんのお気に入りのひと品。

記事に関するお問い合わせ