無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「ジブリパーク」徹底ガイド!第1期で開園した3エリアの魅力やアクセス、チケット情報も

旅行・おでかけ

2022年11月1日、愛知県長久手市に「ジブリパーク」が誕生しました。この第1期開園でオープンしたのは「ジブリの大倉庫」「青春の丘」「どんどこ森」の3エリア。各エリアに何があるのか、アクセスやチケット情報も合わせて紹介します。

総席数約170の映像展示室では、スタジオジブリの短編アニメーション10作品を順番に上映します。その日の上映スケジュールは「映像展示室オリヲン座」の前などに表示
●天空の庭

『天空の城ラピュタ』に登場する、高さ約4mのロボット兵がたたずむ場所。古き紋章や物語でシータとパズーに渡す花もあるので探してみてください
●にせの館長室

『千と千尋の神隠し』の湯婆婆がいる部屋は「にせの館長室」。千尋の契約書などが空中を舞っています
●床下の家と小人の庭

「床下の家」には『借りぐらしのアリエッティ』のアリエッティの部屋などがあります

「床下の家」の外には「小人の庭」があり、アリエッティたちには花や草、水のしずくなどがこのサイズに見えているんだなぁ、ということが実感できます
●南街

ちょっと大人の雰囲気の「南街」。壁の貼り紙に書いてある文章がなかなかおもしろいので、じっくり読んでみてください

ちょっと大人の雰囲気の「南街」。壁の貼り紙に書いてある文章がなかなかおもしろいので、じっくり読んでみてください
常設の展示では、ほかに、展覧会などで使われた制作物・造形物が置かれた「公開倉庫」や、『コクリコ坂から』の「カルチェラタン」の一角にある「哲学研究会」などもあります。さらに、企画展示もあり、第1期開園時には、次の3つの展示を実施。それぞれ終了時期は未定ですので、公式サイトでチェックしてください。

【ジブリのなりきり名場面集】

『千と千尋の神隠し』『紅の豚』『天空の城ラピュタ』など、ジブリ作品の登場人物になりきり名場面に入り込めます。全部で13作品14コーナーあります
【「食べるを描く。」増補改訂版】
【ジブリがいっぱい展】

「食べるを描く。」増補改訂版の『となりのトトロ』のサツキたちの家の朝食シーンを再現。同じ会場の後半部分で「ジブリがいっぱい展」を開催しています

「ジブリの大倉庫」には、次の3つのカフェやショップがあります。ランチやおみやげ購入はコチラで。

●カフェ 大陸横断飛行

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ