無料の会員登録をすると
お気に入りができます

空気の質にこだわればQOLも上がる! 快適な環境づくりのマストアイテム

ライフスタイル

快適な環境づくりのマストアイテム

子どもがいる家庭にもおすすめ

湿度や温度を快適にキープできていなかったり、空気が汚れている場所にずっといることは避けたいですよね。シックハウス症候群になったり、家で仕事をしていても集中できなかったり、花粉やほこりでハウスダストに苦しんだりすることも……。

一方で、どうすればいいのかわからないという人も多いのでは? そこで取り入れたいのが、“空気の質”を可視化できる「Wi-Fi 環境センサー」です。

温度や湿度はもちろん、空気の質を測ることで換気のタイミングなど健康のためを想った環境づくりができるようになるんです。

快適な空間づくりにマスト「Wi-Fi 環境センサー」

健康的な毎日を過ごしたいなら取り入れたい

「Wi-Fi 環境センサー」は、1分ごとに部屋の状態を計測し、データをクラウドに蓄積。その内容をスマホで確認することができます。環境が悪くなるとアラートで通知してくれるなどとても優秀です。

換気のタイミングが一目瞭然

本体に搭載されているLEDの色で、CO2濃度のレベルも確認することができます。1,000ppm以上で橙(2,000ppm未満)や赤(2,000ppm以上)になります。換気のタイミングがわかるので便利です。経済産業省ガイドライン適合CO2センサー搭載なので、精度の高い数値になっています。

計測値が設定レベルを超えたらアラート通知も

CO2濃度や温度など、各計測項目ごとに通知するしきい値の設定が可能。さらに、しきい値を超えてからどれだけ時間が経過したら通知するかを条件に加えることで、調理など一時的な要因による異常値の通知も削減できます。常に快適な環境づくりをすることができちゃいます。

湿度と温度を常に快適ゾーンにキープ

空気の質はもちろん、湿度と温度も管理できるのがポイント。快適アドバイザー機能で、温度、湿度から快適性を割り出し、熱中症などの発症リスクが高くなっていないかを把握。快適ゾーンに近づくように空調を稼働するなど、健康的な環境づくりの目安になります。

記事に関するお問い合わせ