無料の会員登録をすると
お気に入りができます

2019年大注目!「ヒプノシスマイク」魅力を徹底解剖

旅行・おでかけ

「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」をご存じですか? 通称・ヒプマイと呼ばれる本作は、2017年9月にスタートした男性声優12名がキャラクターに扮してラップを歌う“ラップバトルプロジェクト”です。今人気急上昇中、2019年ブレイク間違いなしのヒプマイの魅力や最新情報をご紹介します。

「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」とは?

人気男性声優がラップバトルを繰り広げる前代未聞のプロジェクト「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」。2017年9月、始動の告知として公開されたミュージックビデオがYouTube急上昇ランキング3位にランクインし大きな話題となりました。

キャラクターたちが歌うラップやドラマパートが収録されたCDがリリースされているほか、声優たちによるライブを開催。さらに、コミック連載スタートとアプリゲーム化が決定しています。

「ヒプノシスマイク」の世界観

舞台は武力による戦争が根絶され、新しい法案によって武器や兵器の所持・製造が禁止されたH歴。野蛮な男性ではなく女性が覇権を握り、男性たちは中王区外のディビジョン(区画)で生活しています。

しかし、武器がなくなっても男たちの争いはなくならず、中王区は人の精神に干渉する特殊な“ヒプノシスマイク”を使い、ラップバトルで優劣を決するという「H法案」を制定します。

各ディビジョン代表チームがラップバトルで領土を奪い合う、それが「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」です。

イケブクロ・ディビジョン「Buster Bros!!!(バスター ブロス)」

pic.twitter.com/4H6uXlBdme
2018年10月27日

山田一郎(やまだ いちろう)/MC.B.B(エムシービッグブラザー)

7月26日生まれ/19歳/185cm/68kg/職業:萬屋ヤマダ経営者
座右の銘「地べたを見てるやつに一生いいことなんて起きない」

イケブクロ代表リーダーであり、山田家長男。昔イケブクロでは知らない者がいないほどの不良だった。兄弟思いで面倒見が良く誰からも慕われている正義漢。現在は「萬屋ヤマダ」を経営している。アニメとラノベ好きのオタク。

元「The Dirty Dawg」のメンバーで、ヨコハマ・ディビジョンの碧棺左馬刻とは犬猿の仲。

■CV:木村昴
【主な出演作品】「ドラえもん」剛田武(ジャイアン)/「輪るピングドラム」高倉冠葉/「暗殺教室」寺坂竜馬 など

山田二郎(やまだ じろう)/MC.M.B(エムシーミドルブラザー)

2月6日生まれ/17歳/180cm/64kg/職業:高校2年生
座右の銘「歳をとったから遊ばなくなるのではなく、遊ばなくなるから歳をとる」

喧嘩に強く、イケブクロ・ディビジョンの顔役も務める山田家次男。みんなに慕われる兄を神格化しており兄の背中を見て育ったため、必然的に不良に。兄の影響でアニメやラノベの造詣が深い。弟の三郎とは常に小競り合いが絶えない。

■CV:石谷春貴
【主な出演作品】「響け!ユーフォニアム」塚本秀一/「AKIBA'S TRIP -THE ANIMATION-」伝木凱タモツ/「エガオノダイカ」ピアース・ソーン など

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ