無料の会員登録をすると
お気に入りができます

シャツの「アイロンがけ」が一気にラクになる“5つのコツ”とは #花王担当者が直伝

ライフスタイル

ピシッとシワのないシャツを身にまとうと、気持ちまでキリッと引き締まりますよね。でも、アイロンがけって地味にストレスがたまるもの。少しでも手軽に、美しくアイロンがけする方法はあるのでしょうか? 今回は、意外と知らないアイロンがけがラクになる5つの基本ポイントを、花王株式会社の担当者に教えてもらいます。アイロンが苦手という方、必見です!

教えてくれた人

花王株式会社 生活者情報開発部 多邊田 美香さん

生活情報サイト「くらしの研究」編集担当。研究や商品開発で、長年培った知見を生活者目線でわかりやすく配信している。

アイロンがけがラクになる!5つのポイント

stock.adobe.com

家事のなかでも心理的ハードルが高い「アイロンがけ」。最近はノーアイロンのシャツも増えていますが、プレスがピシッとかかったシャツは、やっぱり気持ちがいいものですよね。花王株式会社の多邊田さんによると、基本のポイントを押されば、アイロンがけのストレスがぐっと軽くなるそうです。教えていただいた5つのポイントをシェアします。

細かいところから広いところへ順番にかける

www.kao.co.jp

アイロンをかける順番は、細かいところから広いところへが基本です。そうすると、かけ終わったところに余計なシワが付くのを防げます。セーターやカーディガンなどの上着をはおるこれからの季節は、「上着を着ても見える部分にだけアイロンをかけるのもひとつの手」と多邊田さん。

多邊田さん「襟、前身ごろ、前立てのボタンまわりには、しっかりアイロンをかけましょう。上着を着ても見えるこの3ヶ所にだけでもアイロンがかかっていれば、ピシッと見えます。ボタンのまわりは、アイロンの先を使ってかけましょう」

「平らな面」をつくってからアイロンをかける

www.kao.co.jp

多邊田さん「アイロンをかける時にシワが寄らないように、アイロンをかける前に手で生地を平らに広げておきましょう。それからアイロンをあてると、シワが寄るなどの失敗が少なく、スムーズにかけやすいです」

アイロンは「まっすぐ」かける

www.kao.co.jp

アイロンを車のワイパーのように左右に振っていませんか? その動き、もしかしたらシワの原因になっているかもしれません。

多邊田さん「アイロンの先を左右に振ると、前身ごろなどの広い面はとくに、服が動いてシワができ、より手間がかかってしまいます。アイロンは、基本的にまっすぐかけましょう。方向は、縦でも横でもやりやすい向きでOKです。その際、空いている方の手で布を引っ張りながらかけると、きれいに仕上がります。特に襟は、えり先から中心へ向かってかけ、アイロンを持ち替えて反対側からもかけると寄りジワを防げます」

「舟形」のアイロン台を使う

www.kao.co.jp

折りたためるマットタイプなど、最近はさまざまなアイロン台が出てきていますが、シャツなど大きなものにアイロンをかけるのであれば、「舟形」のものがおすすめです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ