無料の会員登録をすると
お気に入りができます

“脱・黒のアイメイク”でおしゃれ顔に大変身!今っぽい赤み系がポイント

メイク

コンサバ派のメイクにとって、黒は“目力の生命線”とも言える色。でも、ここを思い切ってカラーアイテムへシフトするのが旬顔になれる近道。黒のインラインが欠かせないという読者さんが人気ヘアメイクアップアーティストの林 由香里さんの手によって大変身♡ コツと使用アイテムは必見です!

デメリットを解消した「画期的なドラム式洗濯機」で洗濯機革命!

平面的な黒眉に 明るさと立体感をプラス!

大阿久 花さん(32歳・娘3歳、2歳)

Before

「ギャル誌育ちのせいか、いまだに目元の隙間は黒で埋める!という習性が(笑)。特に黒のインラインは15年近く未更新のまま…」(大阿久さん)。

After

「目元のパーツすべてに黒が使われているので、今っぽさを出せる赤み系にチェンジ。眉はbのマスカラで存在感を薄め、パウダー代わりにaのピンクを馴染ませることで目元に抜けを出しながら一体感が」(林さん)。

a

主張しすぎず上品に色づくピンクなら、カラーシャドウ初心者さんでも挑戦できる。
サンク クルール クチュール 1947 ミス ディオール※限定¥8,470(パルファン・クリスチャン・ディオール)

b

極小ブラシで眉毛を1本ずつ染め上げたような仕上がりに。
ラブ・ライナー シグネチャーフィットマスカラ〈マスカラ〉 ヘーゼルブラウン¥1,320(msh)

c

唇にピタッと密着するのにつけ心地がとにかく軽い!
ルージュ・アンテルディ・シルキーNo.116 ヌード・ポワゼ[3.4g]¥5,060(パルファム ジバンシイ)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ