無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[GU]のローウエストバギーパンツとカットソースラックスを徹底比較!

ファッション

GU新作の「ローウエストバギーパンツ」。浅めのウエストって平気? 似たようなGU「カットソースラックス」と何が違う? GUウォッチャーのライター・垣内が徹底的に比べてみました。

【ユニクロ&GU】人気のワイドパンツを徹底比較!オススメコーデも

比較するのは…
GUのローウエストバギーパンツと
カットソースラックス

158㎝のライターは、ローウエストバギーパンツ1,990円をグレー、カットソースラックス1,990円をグリーン、ともに標準丈、Sサイズを買いました。

3つのポイントで徹底比較!

1.ウエスト位置は?

股の位置で並べると一目瞭然!右のカットソースラックスに比べ、左のローウエストバギーパンツはウエストぶん腰位置が低いのが特徴です。ウエストゴムぶんくらいの浅さなので、お久しぶりのローウエストでも履きやすいです。

2.生地は?

ローウエストバギーパンツ、カットソースラックスともに生地は薄めです。サラッとした質感のローウエストバギーパンツに対し、カットソースラックスのは薄めのジャージー生地のような肌触りで暖かく感じます。今の季節で一枚での着用は少し寒いかもしれませんが(ライターはタイツを仕込んで着用)、春まで長く穿けると思います。

3.サイズ感、丈感は?

薄いニットをインすることも考え、ともに普段通りのサイズSを購入しました。丈はローウエストバギーパンツが股下71.5cmに対し、カットソースラックスが股下96.5cmと長め。カットソースラックスは少し丈が長いので、小柄さんは「丈短め」を選ぶのがおすすめです。

4.ディテールは?

まず、チェックしたいのがセンタープレスのデザイン。ローウエストバギーパンツはセンタープレス、カットソースラックスはステッチ加工されています。これにより、センターラインが強調されるので、ジャージ生地のパンツがキレイめに。
さらにウエストゴムの位置に注目。ローウエストバギーパンツはサイドに、カットソースラックスはバックにゴムを配置。どちらも目立ちにくく、パンツのウエスト位置に合った部分に入っています。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ