無料の会員登録をすると
お気に入りができます

3つの「しない」で円満に!関係を平和に長続きさせるコツ

恋愛・結婚

何年たっても円満でいたいのなら、この3つは必須かも。

出会ったときは運命の人だと思ったのに、今では心理的に距離ができた感じがして切ない…という状況はツライもの。どうすればずーっと円満に続くのでしょうか。

そこでfumumu取材班は、関係を平和に長続きさせるコツを聞きました。

■親のように干渉しない

「円満な関係を築きたいのなら、母親のように干渉しないこと。干渉すればするほど、相手とギスギスして仲が悪くなる。
細かい性格で支配欲が強いというか…自分の思い通りにならないと気が済まないタイプは、気を付けたほうがいい。
むしろ、自分の価値観を相手に押し付けてしまううちは、誰とも付き合わないほうがいい。相手を苦しめるだけだから。ちゃんと学習して克服できればいいけど、直せないのなら、恋愛も結婚も難しいと思う」(30代・女性)

■たくさん連絡をしない

「四六時中彼と連絡を取るのは、別れを早めるだけだと思う。何事もちょっと物足りないくらいがちょうどいいって。
毎日飽きるほどLINEをして、1時間以内に彼から返信がないと不安になって…という生活って、完全に恋愛依存じゃん?
何でもそうだけど、依存になると人生が壊れるよ。自分の人生がメインで、恋愛はサブくらいでないと、平和に長続きはしないと思う」(20代・女性)

■トゲトゲしい言動はとらない

「相手に気を許すと、自分が疲れているときとかに相手にトゲトゲしい態度をとる人もいるけど、絶対にやっちゃダメ!
ストレスなどでトゲトゲしい態度をとりそうなら、メンタルがある程度元に戻るまでは、相手に接しないのが一番だし、お互いのため。
些細なケンカでお別れになるときって、たいていどっちかが精神的にイライラしていたり、情緒不安定なときが多い気がする」(30代・女性)

最初はすごく仲良しだったのに、時間経過とともにギスギスしてきて仲が良いとは言いにくい…という関係って、ツライですよね。そうならないためにも、普段からご紹介した3つを心がけてみましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ