無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[セブンイレブン・実食レポート]北海道グルメ旅フェア! 新商品「三星監修ハスカップロールケーキ」「札幌ろまん亭監修 レアチーズケーキ」の地元銘菓が監修したスイーツが登場

グルメ

全国に展開するコンビニチェーン「セブン-イレブン」では、「北海道、なまら(すごく)LOVE!」をキャッチフレーズに、「北海道グルメ旅」フェアを2023年1月15日から開催。地元の名店とのコラボレーションで、おむすびやラーメンなどさまざまな商品を発売しています。お店でプチ北海道物産展が楽しめる感じです。この中から気になるスイーツ2点を、さっそくに食べてみました。その味わいと価格、気になるカロリーなどをご紹介します。

軽い口どけなのに味わいはリッチ!「札幌ろまん亭監修 レアチーズモンブラン」

透明のドーム型パッケージに入った「札幌ろまん亭監修 レアチーズモンブラン」345.6円。
「札幌ろまん亭」は札幌を中心に8店舗を展開する地域に根ざしたスイーツショップで、ケーキや焼き菓子が多くの人に親しまれているお店です。このレアチーズモンブラン、コンビニのスイーツとしてはちょっと高めな価格ですが、専門店のケーキだと思えば納得。さらに普段なら札幌まで行かないと買えないスイーツだと思えば、この機会に食べてみたくなりますね。

表面には雪だるまを描いた「札幌雪まつり公認商品」のマークや、シロクマと北海道の地図をモチーフにした「北海道グルメ旅」のシール、三角屋根の家が描かれた「札幌ろまん亭」のロゴも付いていて、結構にぎやかなパッケージです。

雪山をイメージさせるこんもりと見た目もかわいい真っ白なモンブラン。大きさは直径6cm、高さも6cmほど。気になるカロリーは296kcalと表示されています。

縦半分に切ってみました。下からロールケーキ、ベイクドチーズケーキ、ホイップクリーム、チーズクリームが重ねられた4層仕立てになっています。

上からフォークですくって一口食べてみると、さわやかな酸味のあるチーズクリームの味わいが楽しめます。さらに下のホイップクリームと一緒に食べると、ふんわりと程よい甘みがプラスされ、軽やかな口どけ。食べ進むと濃厚なベイクドチーズケーキが登場! そして一番下は、しっとり優しい食感のロールケーキ。
1個のチーズケーキを食べ進むにつれ甘みの段階も食感も変化し、レアもベイクドも味わえるという贅沢さです。

全体的にふんわり軽い食感なので、どんどん食べ進められちゃいますが、北海道産クリームチーズのリッチな味わいで、食べ終えたときには満足感がいっぱいです!

さわやかな酸味の虜に!「三星監修ハスカップロールケーキ」

2023年1月17日発売の「三星監修ハスカップロールケーキ」270円。
監修の「三星」は、2023年に創業125周年を迎える老舗で、北海道苫小牧でハスカップを使ったスイーツが人気の菓子店です。

ところでハスカップって、北海道の人にはおなじみかもしれませんが、本州ではほとんど見かけませんし、食べる機会のないフルーツですよね。どんな形のフルーツなの?と思っていたらパッケージにハスカップの絵が描かれていました。
プルーンに似ているのかな?と調べてみたら、全然違いました。果実は縦長で、大きさは大粒ブルーベリーくらい。北海道を代表する栄養食材で、不老長寿の秘薬といわれているそうです。

パッケージから取り出すと、型崩れしないようにプラケースに入ったロールケーキが現れます。断面は透明のフィルムで覆われ、デリケートなクリームが崩れないように保護されています。
長径は10cm、短径は7.5cm、高さ2.2cmほど。気になるカロリーは219kcalです。

ロールケーキのスポンジの内側には、ハスカップソースが塗られていて、ほんのり赤く染まっています。クリームは外側が白く、中心がピンク色。ピンク色のクリームにもハスカップソースが入っているようです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ