無料の会員登録をすると
お気に入りができます

彼氏の年収を知る「たったひとつの方法」

藤本シゲユキ(リアライフカウンセラー)

恋愛・結婚

多くの女性が「聞きたいけど聞けない」であろう彼氏の年収。

結婚後は専業主婦になりたいという女性だけではなく、「彼氏はいったいどれぐらい稼いでいるんだろう?」といった素朴な疑問で、交際相手の年収が気になる女性もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、そんなデリケートな話題ともいえる「彼氏の年収」について、女性向け恋愛カウンセラーとして活動してきた藤本シゲユキがお話させていただきます。

女性が彼氏に求める「理想の年収」は?

Q. 結婚を前提に付き合う彼氏に求める「現実的な年収のライン」はいくらですか?

第1位「400~600万円未満」(41.4%)
第2位「600~800万円未満」(23.2%)
第3位「200~400万円未満」(16.2%)
第4位「年収はいくらでもいい」(10.8%)
第5位「1,000万円以上」(4.7%)
※有効回答数297件。単数回答式、第6位以下省略

妥当ラインは平均年収の「430万前後」

まず、結婚を前提に付き合う彼氏に求める「現実的な年収のライン」についてですが、日本人の平均年収は430万円前後といわれています。

女性が彼氏に求める「最低限の年収」で1位となった「400万~600万未満」という数字を考えると、現実的といえるのではないでしょうか。

「結婚相手の年収は1000万以上がいい!」という女性もいまだにいますが、年収1000万を稼ぐ人の割合は全体の3%といわれているのが現実。

そのうえ、それだけの金額を稼ぐ能力がある人は、それなりの女性を配偶者に選ぶので、毎日をぼけーっと生きてダラダラ過ごしているような女性をパートナーには選びません。

ほかにも、「別に私が稼ぐからそんなの関係ねえ」というストロングタイプの女性や、お金にまったく執着がない女性もいらっしゃるので、彼氏の年収がいくらでもいいという女性は数が少なくても世の中にちゃんと存在します。

彼氏より自分の年収が高いってアリ?

アリです。なぜなら、ケースバイケースではありますが、年収の高さというのはほとんどの場合がこれまでの努力の結晶によるものだからです。

今までがんばってきた成果が年収に現れているだけなので、いくら彼氏の年収が自分より低かったとしても、そんなこと知ったこっちゃねえよぐらいの感覚で僕はいいと思っています。

ただ、そうはいっても次のような問題が出てくるのは事実です。

男性は「自分の年収が彼女より低い」のは嫌?

多くの男性が、自分の収入や学歴にコンプレックスを感じているという背景があります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ