無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「もうカインズじゃなきゃダメ!」料理ストレスが消える「神!キッチン便利グッズ」最終兵器

インテリア

こんにちは、管理栄養士で年子ママのヨムーノライターssnbakeryです。

今回は粉物の調味料入れの選び方をご紹介します。
意外と入れるものの「重さ」と「体積」をごっちゃにして、買う容器のサイズを失敗することもあるようです。

この機会に、調味料の収納を見直す参考にしてみてください。

カインズマニアのヨムーノライターがおすすめ!

カインズで絶対買ってしまう!日用品・収納商品・お掃除商品・キッチン商品まとめはこちら

調味料入れを選ぶポイント

密封度

粉物は特に湿らないように密封度の高いものを選びましょう。
湿気対策で珪藻土のブロックやスプーンなども売られていますので、入れておくと◎。
※砂糖は湿ってから乾燥すると固まりやすくなるので注意

容器の大きさ

1kgの砂糖を全部入れたいから1リットルの容器を買えばいいや!と思って、いざ入れてみたら入りきらなかった……なんてことありませんか?

1kg=1リットルなのは水の話です。
さらに水の中でも、どんな水だと……という細かい話になってしまいます。
重さkg=体積、と勘違いすると、そういった失敗につながります。

砂糖(上白糖)は小さじ1(5ml)で3gです。

では、1㎏の砂糖の体積はというと1000g(1kg)=1538.5ml。
つまり538.5mlは入らないわけです。

質量はそれぞれで違っていて覚えるのは大変なので、自動で計算してくれるアプリを使用してもいいと思います。
ちなみに私は「計量変換」という無料アプリを使用しています。

もちろん、全て移し替えなくても良い方は使いやすい容量で構いません。
ただ、袋ごと全量入れたい方は注意が必要です。

容器の蓋

もうひとつ注意したいのは蓋の広さです。
粉物はスプーンなどですくうため、容器の入り口のサイズが取り出しやすいか、も考えておくと安心です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ