無料の会員登録をすると
お気に入りができます

逆プロポーズに失敗する「3つの理由」

恋愛・結婚

プロポーズは多くの女性のあこがれ。誰しも理想のシチュエーションやセリフを想像したことがあるかもしれません。

しかし最近巷では“逆プロポーズ”なるものが密かに増えつつあります。逆プロポーズとは、女性側がプロポーズを申し込むこと。

え? あこがれのプロポーズを自分からしなきゃいけないの?

そう思う人も多いでしょう。でも自分発信でプロポーズするって、実はメリットも多いんですよ。

プロポーズは女性からでもいい?

「プロポーズは男性の一世一代の大仕事」なんてよくいいますが、実は女性側から告白するメリットもたくさんあります。そのひとつが、自分のタイミングで結婚時期を決められるということ。

世の中には「彼がなかなか結婚を決めてくれない」と、不安な気持ちの女性が多いと思います。結婚する可能性はお互い十分意識はしつつも、最後の一手が打たれない。そんな状況ってありますよね。こんなとき、逆プロポーズは実はとても有効です。

「プロポーズする(結婚する)決定的な理由はないけれど、断る理由はまったくない」という関係性のとき、女性からプロポーズすることで状況にいい変化が生まれることはあるのです。

また人間心理として、人間は自分で決めた責任をまっとうしようとする性質があります。つまり逆プロポーズをすることで、「この結婚は私が選んで決めたから、うまくやらなくては」という決意を通常よりも強く持てる可能性があるのです。

このように、逆プロポーズは破天荒に感じるかもしれませんが、よい側面も多くあります。迷っている女性は一度検討してみるのもありかもしれませんよ。

逆プロポーズが失敗する確率って?

とはいえ、逆プロポーズをして断られたら、めちゃくちゃ悲しいし恥ずかしいですよね。一般的に逆プロポーズが失敗する確率は低いとされていますが、それはあくまでも女性側がプロポーズする状況として「彼とは付き合っていてお互い結婚は考えているはずだけど、最後の一手がない」という場合にプロポーズすることが多いからです。

つまりダメでもともとの告白は女性側からはほとんどしません。しないからこそ、逆プロポーズの成功率が高いのです。

もし今逆プロポーズを考えている人は、彼と自分の関係性を少し冷静に観察してみる必要がありそうです。

逆プロポーズが失敗する理由って?

彼との関係性を見誤った場合には振られることもある逆プロポーズ。それではどういった場合見誤ることがあるのか、3つほど理由を踏まえてご紹介します。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ