無料の会員登録をすると
お気に入りができます

洗濯槽の黒カビワカメを撃退!浮いたカビの取り方や洗濯機の掃除術

洗濯槽のカビ、ワカメのような浮いた黒カビを撃退する洗濯機の簡単なお掃除術(酸素系漂白剤を使用)をご紹介します。 洗濯機の構造上、洗濯槽にカビが生えるのは仕方ありませんが、衣類をせっかく洗濯したのに汚れが再付着しては無意味。定期的なお掃除を!

インテリア

洗濯槽の黒カビワカメを撃退! 洗濯機は定期的にお掃除を

洗濯槽はカビが生えやすいところなので、定期的なお掃除を

一見キレイな洗濯槽でも、裏側には「黒カビぴろぴろワカメ」がびっしり……というのは、よくあることです! 我が家は大丈夫なんてことはなく、洗濯機の構造上、洗濯槽にカビが生えるのは仕方のないことなのです。せっかくお洗濯したのに汚れが再付着しては無意味。洗濯機の汚れは洗濯物の臭いにも関係してきます。定期的にお掃除をしましょうね。

ということで今回は、酸素系漂白剤を使った、簡単な洗濯機の洗濯槽のお掃除術についてご紹介します。なお、縦型ドラム式ではなく従来型(横型)についてお話しします。

【洗濯槽のカビを撃退!ワカメのような黒カビを防ぐ洗濯機の掃除術 目次】

洗濯槽に「黒カビぴろぴろワカメ」が発生するわけ

洗濯機の洗濯槽の裏側は、黒カビが生えやすいところ

洗濯槽の裏側は「溶け残った洗剤」「石けんかす」「そこに付着した垢や泥」など汚れがこびりつきやすく、しかももともと湿度が高い場所なので、黒カビが生えやすいのです。

掃除をしないと、やがて裏側の汚れが膜のように固まり、それが剥がれて洗濯物に付着し、乾いてから気付いてガーン!なんてことも! 剥がれた汚れが粉状のカスになっていると、付着に気付かないのでますます怖い……。

ちなみに、この洗濯槽の裏側にはりついた黒カビを「ぴろぴろワカメ」と呼ぶ人もいます。

洗濯槽の掃除はいつする? 洗剤は塩素系?酸素系?

洗濯機の洗濯槽は、月に1度は掃除するのがおすすめ

■洗濯槽の掃除は月1回がおすすめ
だから、洗濯槽は定期的に掃除が必要なのです。その人の洗濯頻度や量にもよりますが、月に1度は掃除することをおすすめします。

■洗濯槽の掃除に使う洗剤は塩素系?酸素系?
洗濯槽の掃除に使う洗剤は、作用の優しいものから強力なものまでいろいろありますが、専用の洗濯槽クリーナーを買うのが手っ取り早いです。でも今回は、お手軽に、家にある液体の酸素系漂白剤を使った方法をご紹介します。ちなみに市販の洗濯槽機クリーナーは大抵、酸素系漂白剤を使っているんですよ。

なお漂白剤の種類は、作用の強い順に「塩素系」「酸素系粉末」「酸素系液体」があり、成分が異なります。塩素系は強力ですが洗濯槽の錆を招くなどの副作用があることも。もちろん排水後の環境への悪影響もありますので、優しめの洗剤を使ってお掃除しましょう。

洗濯槽のカビ防止・日ごろ注意すべきポイント

この後に洗濯機(洗濯槽)のお掃除レシピをご紹介しますが、日ごろから以下の3つのようなちょっとした心がけをしておくとカビが防げます。
洗濯時に洗剤の使用量を守る(溶け残りを防ぐ)
洗濯機のふたは普段は開けっぱなしにしておく(湿気をこもらせない)(ただし、乳幼児や足腰に不自由のある家族がいる場合は危険な場合もあるので必ず閉めること)
汚れものは洗濯機に投げ込まず洗濯かごへ(脱いだ衣類の湿気で湿度UP)
※2について(2018年1月追記)
特に縦型ドラム式洗濯乾燥機では幼児が閉じ込められて死亡する事故も(国民生活センター発表)。海外では小学生でも同じ事故が発生しています。家族の状況によってはチャイルドロックなどの対策をしっかり講じましょう。

幼児が閉じ込められて死亡する事故

洗濯機(洗濯槽)の簡単カビ予防掃除・準備する道具

洗濯機(洗濯槽)の掃除に必要な道具は、下記の通りです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ