無料の会員登録をすると
お気に入りができます

気が合う異性と好きな異性、どちらの恋愛がうまくいく?

恋愛・結婚

気が合う異性に「好き」という恋愛感情がわかない。気があうけど好きじゃない……そう思っている女性は多いようだ。かといって、好きな人との恋愛がうまくいくとも限らない。気が合う人と恋愛関係に発展するのはむずかしいのだろうか。

【編集部からのお知らせ】
「恋愛偏差値30からの婚活相談室」をオープンしました!

恋愛偏差値30からの婚活相談室

婚活にまつわる実用的なアドバイスを"無料"でいたします。

・婚活用プロフィールを添削してほしい方はこちら

こちら

・婚活にまつわるお悩みを相談したい方はこちら

こちら

好きな異性に好かれないが、気が合う異性やタイプでない人に好かれる

薄々感づいているけど、自分の好きな人と自分に合う人は違うのかもしれない。

「好きな男には好かれず、好きでもない男に告白される。私の恋愛、どこかうまくいかないんですよね」

そうつぶやいたのは、28歳になるアユミさん(仮名=以下同)。学生時代から、自分が告白してつきあうこと数度。そのたびにうまくいかなかったのだという。

「私が好きになるのは、唯我独尊のオレ様タイプの男性。他人に迎合せず、ひとり我が道を行く人を追いかけて振り向いてもらうのが好きなんです。でも実際にそういう人とつきあうと、どうしてこんなに好きなのにわかってくれないの!って、ひとりでキリキリしちゃって……」

こういう話は、よく耳にする。恋愛が長続きしない、好きになればなるほど最後はフラれると嘆く女性も少なくない。

中肉中背、かわいらしいタイプに見えるアユミさんだが、実際は非常に気が強いと自己分析する。

「私を好きだとアプローチしてくれる男性もいないわけではないんですが、そういう男性は、私をかわいいタイプだと思い込んでいるんですよね。だから、とりあえずデートした段階で、相手がドン引きしているのがわかる。ギャップが魅力になる、なんてよく言うけど、本当かなと思っちゃう。実際、私はギャップで損しているから。でも、まあ、私も相手を自分の理想にあてはめ、こういう人だと思い込んで近づいているのかも。だから長続きしないのかなあ……」

気が合う異性と好きな異性は違う?

こんなに好きなのに、こんなに尽くしているのに……という気持ちが、自分を追い詰め、相手も追い詰めているかもしれない。

「自分が好きな人」と「気の合う人」が違うと思っている人は少なくないだろう。そして、「合う人」とは友だち止まりで恋愛には至らないものだと思い込んでいないだろうか。あるいは、「合う人」を好きにはなれないと決めつけていないだろうか。実際、そういうことは多々あるようだ。

「私も自分から好きになった人と2年間つきあったけど、結局、疲れて別れました」

そう話してくれたのは、ケイコさん(31歳)。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ