無料の会員登録をすると
お気に入りができます

年上彼氏だからこそ気をつけたい!長続きする年の差カップルの秘訣

恋愛・結婚

最近は年の差カップルと聞いても、当たり前になってきましたよね。

新しい職場で、上司を好きになってしまうことがあるかもしれません。上手く付き合えたら、どんなことに気をつければ良いのでしょうか。

fumumu取材班は、10歳差の夫婦に付き合うときに気をつけていたことを聞いてみました。

①価値観を押し付けない

「恋人ができたら、自分のことを受け入れてほしくて、価値観を押し付けてしまうこともあると思うのですが…。特に年齢差が大きいと、それは絶対にやってはいけないですね。歳が違えば、価値観なんてものは全然違います。
その当たり前を受けて、『あなたはこう考えるのね、私はこう思う』と言うことを伝えて、お互いに納得のできるところを探すのがいいと思います。私たちはそうすることで、お互いの理解が深まったし、多様な考えに触れることができて、良い刺激になりました」(20代・女性)

②ジェネレーションギャップを意識

「アニメの話題とか、学校の話題は、世代でだいぶ変わってきましよね。いくら面白い話だと自分が思っても、相手のわからない話題で盛り上がらないようにしています。
学校のちょっとした文化の違いとかは、情報交換をしてみると結構面白いです。ジェネレーションギャップを意識しつつ、お互いに教えあうのが良いんじゃないですかね」(20代・女性)

③お互いを尊敬する

「深い教養や大人な考え方に尊敬してしまいます。経験を積まないと出てこない思考だと思うのは、年上なだけありますよね。
年が離れていると、とくに自分の持っていない部分を相手に見いだすんじゃないでしょうか」(20代・女性)
「年下でも関係なく、僕も彼女を尊敬しています。若いと考え方が柔軟ですよね。発想に助けられたことが随分ありますよ。お互いの良さがあると思うので、そこを素直に尊敬できると長く続くと思います」(30代・男性)

歳の差を配慮しつつ、相手の良さをしっかりと感じて尊重することが長続きする秘訣になりそうです。

年上の人と付き合う場合には、意識すると良いかもしれませんね。

(文/fumumu編集部・神崎なつめ)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ