無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お尻ストレッチの効果的なやり方!硬いお尻をほぐしてヒップアップ

美容

お尻ストレッチで後ろ姿の印象を変える効果! 脱・冷たくて固いお尻

ヒップのケアで、後姿は見違える

意外と気づきにくいお尻の筋肉のコリ。鏡を通じてしか見ることのできないお尻のケアは、どうしても後回しになりがちです。固く冷たくなっていたり、黒ずみができたり、ガサガサの肌になっていても気づいていない人も……。お尻が冷たくなっていると、セルライトがついたり、骨盤まわりの血流が悪くなり、結果的に腰痛に結びつくことも。

また、ボディメイクの視点でも、お尻のキレイな曲線は女性らしいカーブを形作り、くびれを際立たせる大切なパーツとなります。この部分のケアに重点を置くことで、後ろ姿の印象が変わります。

アクティブなストレッチで股関節と筋肉にアプローチして、適度なボリュームのあるキュッと上がったヒップを手に入れましょう。

お尻ストレッチ1:四つ這いの「ヒップストレッチエクサ」

同じ姿勢で長時間座ったり、立ち仕事を続けたりしていると、お尻の「大臀筋(だいでんきん)」や「中臀筋(ちゅうでんきん)」が凝り固まり、お尻が垂れてぺたんこになったり、たるみができたりする原因になります。

また、ヒップケアと密接に関わっているのが、股関節です。太ももの骨(大腿骨)と骨盤をつなぐ股関節が硬くなることで、冷えやむくみが生じたり、ヒップの形が崩れやすくなります。

このストレッチエクササイズでは、お尻まわりの筋肉をほぐしつつ、股関節の可動域を広げながら、エクササイズの筋トレ効果によりヒップの形も同時に整えていきます。

1. 両手・両ひざを床につけ、四つ這い姿勢になります。

動作1

2. 左足を天井方向に伸ばします。

動作2

3. 背中を丸めながら、左ひざとおでこを近づけます。

動作3

4. 体の側面に大きな円を描くように2~3回ひざを回して、お尻まわりをストレッチ。

動作4

5. 左足を伸ばし、右足にクロスさせるようにして後方に着地させます。

動作5

6. 大きく息を吸って、ゆっくりと息を吐きながら左足をのぞくように後ろを振り返り、そのままキープ。10呼吸の長さが目安。左のお尻の横~全体を深くストレッチします。反対側も同様に行います。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ